インドネシアOP《SSP》 決勝結果

6月7日、スーパーシリーズ第6戦インドネシアOPの最終日が開催され、各種目の決勝が行なわれた。

 

男子シングルスでは桃田賢斗が世界ランク2位のヤン・O・ヨルゲンセン(デンマーク)を下し、見事SS2度目の優勝を飾った。この大会は格付けの高いSSプレミアのため、世界ランキングポイントも高ポイント(11000P)を獲得している。

 

女子シングルスでは橋本由衣が初めてSS決勝の舞台に立ったが、13年世界選手権覇者のラトチャノック・インタノン(タイ)にはストレートで敗れ準優勝。残念ながら山口茜(13年ヨネックスOPジャパン優勝)以来の日本選手による同種目優勝は逃したものの、こちらも高いポイント(9350P)を手にしたことで、これからの五輪レースに弾みをつける好結果となった。

 

各種目、決勝の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

桃田賢斗②〔16−21、21−19、21−7〕1●ヤン・O・ヨルゲンセン(デンマーク)66分

 

【女子シングルス】

ラトチャノック・インタノン(タイ)②〔21−11、21−10〕0●橋本由衣42分

 

【男子ダブルス】

高成炫/申白哲(韓国)②〔21−16、16−21、21−19〕1●傅海峰/張楠(中国)53分

 

【女子ダブルス】

田卿/湯金華(中国)②〔21−11、21−10〕0●マヘスワリ/ポリイ(インドネシア)46分

 

【混合ダブルス】

徐晨/馬晋(中国) ②〔21−17、21−16〕0●張楠/趙蕓蕾(中国)45分

 

■選手名

高成炫(コ・スンヒョン) 申白哲(シン・ベクチョル)

傅海峰(フ・ハイフン)  張 楠(ツァン・ナム)

田 卿(ティアン・チン) 湯金華(タン・ジンファ)

徐 晨(シュー・チェン) 馬 晋(マー・ジン)


投稿日:2015/06/07
■関連キーワード

      

人気記事ランキング