バトミントンTOP海外ニュース主要国際大会 ≫ 【世界ジュニア】日本は予選リーグでイングランド、マカオらと対戦!<団体戦>

【世界ジュニア】日本は予選リーグでイングランド、マカオらと対戦!<団体戦>

10月9日に世界ジュニア(インドネシア・ジョグジャカルタ/団体戦:10月9〜14日 個人戦:16〜22日)が開幕する。9月28日には、団体戦の予選リーグ・組み合わせ抽選会がインドネシア・ジャカルタで行なわれ、日本チームの対戦国などが決定した。

男女混合のスディルマンカップ形式で行なわれる団体戦は、各予選リーグの上位チームが決勝トーナメント(準々決勝)に進むことができる。4大会連続で銅メダルを獲得している日本は、グループEでイングランド、マカオ、ラトビア、ジョージアと対戦。2012年準優勝以来となる決勝進出、そして団体初優勝をめざす。

予選リーグの組み合わせは以下の通り。

※過去の世界ジュニア関連の記事は こちら

【グループA1】

韓国、スリランカ、カナダ

【グループA2】

ロシア、ドイツ、ネパール

【グループB1】

フランス、ブルガリア、スコットランド

【グループB2】

シンガポール、南アフリカ共和国、ガーナ

【グループC1】

マレーシア、ニュージーランド、アルメニア

【グループC2】

ポーランド、エジプト、ノルウェー

【グループD】

インド、スウェーデン、オーストラリア、ハンガリー、アメリカ

【グループE】

日本、イングランド、マカオ、ラトビア、ジョージア

【グループF1】

タイ、オランダ、フィリピン

【グループF2】

チェコ、スロバキア、ベルギー

【グループG】

台湾、中国、デンマーク、アルジェリア、香港

【グループH1】

インドネシア、モンゴル、ブラジル

【グループH2】

フィンランド、スペイン、エルサルバドル

※グループA・B・C・F・Hは1・2の1位同士がプレーオフを行ない、勝者が決勝トーナメント進出。グループD・E・Gは1位が決勝トーナメント進出。

 

◆日本選手団

【団 長】田部井秀郎(日本協会ジュニア強化本部長)

【総監督】長谷川博幸(ジュニア強化部ヘッドコーチ)

【男子監督】友金幸雄(ジュニア強化部員)

【女子監督】 明神憲一(ジュニア強化部員)

【男子コーチ】山口公洋(ジュニア強化部員)

【女子コーチ】井田貴子 (ジュニア強化部員)

【トレーナー】大石浩之(JOC専任トレーナー)

【選手】

大林拓真(埼玉栄③)

嶺岸 洸(聖ウルスラ学院英智③)

金子真大(ふたば未来学園③)

久保田友之祐(ふたば未来学園③)

山田尚輝(ふたば未来学園③)

筑後恵太(ふたば未来学園③)

中山裕貴(埼玉栄②)

緑川大輝(埼玉栄②)

奈良岡功大(浪岡①)

髙橋明日香(ふたば未来学園③)

由良なぎさ(ふたば未来学園③)

林 樂(埼玉栄③)

岩永 鈴(柳井商工③)

水津優衣(柳井商工③)

山口 萌(日本ウェルネス③)

鈴木ゆうき(聖ウルスラ学院英智③)

水井ひらり(ふたば未来学園②)

齋藤 夏(埼玉栄②)

銅メダルを獲得した日本選手
2016年大会で銅メダルを獲得した日本チーム

 

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2017/09/29
■関連キーワード