バトミントンTOP海外ニュース主要国際大会 ≫ 【世界ジュニア】日本選手は順当に勝利! 上位進出へ視界良好!<個人戦>

【世界ジュニア】日本選手は順当に勝利! 上位進出へ視界良好!<個人戦>

11月9日に開催された世界ジュニア選手権(スペイン・ビルバオ)個人戦2日目は、各種目2〜3回戦が行なわれた。

日本は出場した選手のほとんどが勝ち上がった。唯一、男子ダブルスの小野寺雅之/岡村洋輝と仁平澄也/山澤直貴の日本選手対決となり、小野寺/岡村が勝利したが、敗れた仁平/山澤もファイナルゲームの接戦と好勝負を演じている。

日本選手の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

▼3回戦

渡邉航貴②〔21−12、21−10〕0●Ko Shing Hei(香港)22分

小野寺雅之②〔21−11、21−11〕0●Niks Podosinoviks (ラトビア)19分

奈良岡功大②〔21−9、21−10〕0●Collins Valentine Filimon(ルーマニア)24分

山澤直貴②〔24−22、21−10〕0●Chan Yin Chak(香港)35分

 

【女子シングルス】

▼3回戦

海老原詩織②〔21−12、21−16〕0●Leung Yuet Yee(香港)28分

髙橋明日香②〔21−6、21−6〕0●Buthmi Asini Galagamage(スリランカ)16分

大家夏稀②〔21−17、21−17〕0●Lin Hsiang Ti(台湾)41分

仁平菜月②〔21−12、21−10〕0●Maya Chen(アメリカ)25分

 

【男子ダブルス】

▼2回戦

小野寺雅之/岡村洋輝②〔21−12、15−21、21−16〕1●仁平澄也/山澤直貴46分

金子真大/久保田友之祐②〔21−15、21−13〕0●Daniel Hess / Jan Colin Völker(ドイツ)28分

 

【女子ダブルス】

▼2回戦

川島美南/上杉夏美②〔21−10、19−21、21−10〕1●Mychelle Crhystine Bandaso/Serena Kani(インドネシア)47分

小田菜摘/曽根夏姫②〔21−14、21−11〕0●Sally Fu/Tamara Otene(ニュージーランド)23分

保原彩夏/松山奈未②〔21−14、21−9〕0●Reka Madarasz /Vivien Sandorhazi(ハンガリー)24分

 

【混合ダブルス】

▼2回戦

金子真大/川島美南②〔21−15、21−11〕0●Rasmus Kjær/Irina Amalie Andersen(デンマーク)28分

久保田友之祐/曽根夏姫②〔21−7、21−11〕0●Daniel Popescu /Andra Olariu(ルーマニア)19分

岡村洋輝/松山奈未②〔21−8、21−19〕0●Nicolas Nguyen/Alexandra Mocanu(カナダ)21分

▼3回戦

金子真大/川島美南②〔23−21、21−9〕0●Pakin Kuna-Anuvit /Kwanchanok Sudjaipraparat(タイ)24分

久保田友之祐/曽根夏姫②〔23−21、21−16〕0●Samy Corvee/Léonice Huet(フランス)28分

岡村洋輝/松山奈未②〔21−10、21−9〕0●Daniel Hess/Emma Moszczynski(ドイツ)19分

 

【選手】

◆男子

渡邉航貴・小野寺雅之・岡村洋輝・仁平澄也(埼玉栄③)山澤直貴(富岡③)久保田友之祐・金子真大(ふたば未来学園②)奈良岡功大(浪岡中③)

◆女子

仁平菜月(富岡③)海老原詩織(作新学院③)松山奈未(九州国際大付③)川島美南・上杉夏美(埼玉栄③)曽根夏姫・小田菜摘(青森山田③)大家夏稀(金沢向陽)保原彩夏(聖ウルスラ学院英智③)髙橋明日香(ふたば未来学園②)

 

【団長】田部井秀郎(日本協会ジュニア強化本部長)

【総監督】長谷川博幸(日本協会ジュニア強化部ヘッドコーチ)

【男子監督】大堀均(日本協会ジュニア強化部員)

【女子監督】井田貴子(日本協会ジュニア強化部員)

【男子コーチ】友金幸雄(日本協会ジュニア強化部員)

【女子コーチ】明神憲一(日本協会ジュニア強化部員)

【トレーナー】神田潤一(九州保健福祉大学助教)


投稿日:2016-11-10
■関連キーワード