4 道具を揃えよう~for beginners~

~用具を購入するときのポイント~

ラケット

ラケットは大型スポーツ店やバドミントン専門店、インターネットなどで購入することができます。価格は高いものでは2万円以上、安いものでは5000円前後。初心者向けのラケットは1万円前後に設定されているものが多いので、お店の人と相談しながら決めましょう。

kiso09
専門店のラケット売り場

 

ストリング

ストリングはバドミントン専門店、大型スポーツ店で張り替えができます。価格は900~1500円前後のものが多く、カラーも増えており、ラケットのカラーに合わせて選ぶことができます。お店で張り替える場合、ストリング代と張り替え代(技術料)を合わせると2000円以上かかることが多いです。

※学校にストリングマシーン(ストリングを張る機械)がある場合は自分で張り替えるだけなので、ストリング代のみで済みます。

 

ユニホーム(ウエアー)

ユニホームは上下ともに学校やチームで同じカラー、デザインのものをまとめて購入する場合が多いので、まずは顧問の先生や指導者に確認しよう。中学や高校の場合、1年生のときは大会の規模によって学校指定の体操着で出場することもできるので急いで買わなくても大丈夫です。

kiso10
カラフルなウエアーが増えてきている

 

シューズ

シューズも大型スポーツ店やバドミントン専門店で購入できます。成長期の選手は足のサイズが急激に大きくなるため、大きめのサイズを購入するケースが多いようですが、あまり大きいとケガにつながる場合があります。可能な限り、その時点で足にフィットしたサイズを購入しましょう。

価格は安いもので5000円前後、高いと12000円前後。安いと「壊れやすい・すべりやすい」などの印象を持つ人も多いですが、バドミントンシューズであれば低価格でも性能はしっかりしていることがほとんどです。(※テニスシューズと間違って買う人もいるので要注意)

 

◇用具あるある

・初心者が高いラケットを使うと、ラケット性能を使い切れない場合ある

・中学や高校の場合、顧問の先生が知らない「生徒だけのルール」があるので、先輩に聞いてみよう

例:1年生が短いソックスを履いていいのは夏休みから

休日の練習で体育着以外のTシャツを着ていいのは2年生になってから

1年生が選んでいいラケットのグリップの色は赤、黄、黒の3種類のみ などなど


人気記事ランキング