【熊本マスターズジャパン2023】「自分たちから仕掛けることが多くて、それがすごくよかった」(櫻本絢子)<準々決勝/選手コメント-1>

11月16日、BWFワールドツアー・熊本マスターズジャパン(熊本県立総合体育館/Super500)が行なわれた。今年から新設された同大会は、国内ではジャパンOP(S750)に次ぐレベルで、日本A・B代表や海外のトップランカーが参戦。ここでは、試合を戦った選手たちのコメントを紹介する。

櫻本絢子(前)&宮浦玲奈

女子ダブルス:準々決勝はタン/ティナー(マレーシア)に2-0で勝利

櫻本 前回戦ったのがマレーシアマスターズ(Super500)で、5月に初めての対戦でした。その時は1ゲーム目に、相手の球の速さにすごいびっくりした感覚がありました。そこを今日は気をつけようと話していたので、出だしから対応して、逆に自分たちから仕掛けることが多かったです。それがすごくよかったと思います。でも、2ゲームの最後に20-10 のところから連続失点。それまではいい流れで点数が取れていたので、そこは明日に向けての課題。反省するところかなと思います。

宮浦 途中までは2人のプレーが出ていましたが、勝ちが見えたところで、難しさを感じました。相手も負けそうになったら捨て身でくるし、球をつなぐことや入れてくることに集中してきた。こっちは勝ちたい、向こうはやれることだけをやろうというスタンスの時に、いかにこちらがシンプルにいけるか。自分たちが勝ってるのに、自分たちが焦ってしまうような展開をつくらないようにしたいなと思います。

--前半は宮浦選手の前への素早い入りが目立った

宮浦 前に詰めても、絢子が絶対後ろをカバーしてくれるし、きつくても大きな展開に戻してくれる信頼があるので、自分が前に詰めてプッシュ、ダメだったらかわしてもらうというのが迷いもなくできました。

櫻本 今日は自分たちの配球もすごくよかったので、相手もやりづらそうな印象でした。前回のようなしぶとさはなかったですね。最後の連続失点以外は変なミスがなかったし、前回取れなかった球に対しても対応できたので、そこはすごくよかったと思います。

−−準決勝に向けて

宮浦 ベスト4に入ることはありましたが、決勝にいく難しさを感じていました。そこを乗り越えて、今回は決勝にいって優勝したい。日本の地で優勝したいので、2人で気持ちを入れて頑張りたいです。応援よろしくお願いします!

櫻本 ここまでもすごくいい形で3試合を進められている。 明日も先を見すぎずに、まずは目の前の相手にどうやったら勝てるかに集中したい。2人でまた頑張りたいと思います。

取材・構成/平野貴也、バドミントン・マガジン編集部

写真/都竹容子

投稿日:2023/11/17
閉じる