「ミックスでは敵となるので明日はしっかり倒したい」(緑川大輝) 全日本総合バドミントン2022 28日/選手コメント3

日本一を決める「76回全日本総合選手権」が、12月25日に開幕。東京・武蔵野の森総合スポーツプラザを舞台に、12月30日の決勝戦まで熱戦が展開される。大会4日目の28日は、各種目準々決勝を実施。ここでは、注目選手のコメントを紹介する。

緑川大輝&齋藤夏(早稲田大/ACT SAIKYO)

準々決勝結果:三橋健也/中西貴映(BIPROGY)に2-1で勝利

緑川「(1ゲーム目は)こっちの分析不足というか、最初からずっと相手がロングサービスで、そこに少し戸惑ってしまった部分がありました。そこから焦ってミスをしていたりしたので、2ゲーム目以降はコーチからもアドバイスをもらって、少しずつ修正しながらできたと思います。(明日はダブルスでパートナーの山下と対戦)来年からは同じチームになりますが、ミックスでは敵なのでしっかり倒していきたいですね」

齋藤「ロングサービスが多いというのはわかってはいたんですけど、昨日とコートが違ってシャトルの飛び具合なんかも違ったので、なかなか調整するのが難しかったです。そのなかでも、自分たちのハメ技が攻めているときにうまくできたのかなと思います」

 

山下恭平&篠谷菜留(NTT東日本)

準々決勝結果:山田尚輝/池内萌絵(NTT東日本/七十七銀行)に2-0で勝利

山下「今日の相手は右利きと左利きのペアということで、ハーフ球を潰されるような形がありました。ですが、そこにビビらずに打ったり、大きく回したりして自分たちの展開にできたと思います。明日の相手はまだ決まっていませんが、自分たちのプレーを出し切って1点ずつ頑張っていきたいですね」

篠谷「点数的には危なげなくですけど、内容はしっかりしたラリーもありましたし、嫌なところを突かれる場面もあったので、しっかりねばって我慢できた戦いだったかなと思います。明日はどっちが相手でも強いんですけど、自分たちの形を、今やれるプレーを出し切って最後は勝ちにつなげられたらいいなと思います」

 

取材・文/吉井信行

写真/バドミントン・マガジン編集部

 

投稿日:2022/12/28
閉じる