【アジア選手権2022】渡辺&東野、保木&小林らが初戦を突破!古賀&齋藤は全英王者を撃破!<初日結果>

4月26日、アジアのトップ選手が集うアジア選手権(フィリピン・マニラ)が開幕した。2022年からBWFワールドツアーのSuper1000の大会と同等の世界ランキングポイントが獲得できるようになり、アジア選手らにとってはより一層、気合が入る大会となった。

大会初日は各種目の予選と男子ダブルス、混合ダブルス1回戦が行なわれた。日本勢は、男子ダブルスの古賀輝(上写真・右)/齋藤太一が、今年の全英チャンピオンであるインドネシアのマウラナ/フィクリをファイナル勝負の末に撃破。第1ゲームを18-21で失った古賀/齋藤だったが、第2ゲームを12本で取り返すと、最終ゲームも21-18で制して強敵を退けた。世界王者の保木卓朗/小林優吾は、台湾ペアに第1ゲームを13-21で奪われたものの、第2、第3ゲームを制して逆転勝利。苦しみながらもしっかり勝ち星を手にし2回戦に進出している。

混合ダブルスは、全英王者の渡辺勇大/東野有紗、金子祐樹(上写真・左)/松友美佐紀の2ペアが登場。渡辺/東野はインドネシアの若手ペアを26分で下し、金子/松友も侮れない香港ペアを31分のストレート勝利で退け初戦を突破している。明日27日は、男女シングルス、女子ダブルスの1回戦が行なわれる。

26日の結果と、27日以降の対戦カードは以下の通り。

【男子ダブルス】

▼1回戦(4月26日)

古賀輝/齋藤太一②〔18−21、21−12、21−18〕1●マウラナ/フィクリ(インドネシア)68分

保木卓朗/小林優吾②〔13−21、21−17、21−16〕1●盧敬堯/楊博涵(台湾)58分

▼2回戦

古賀輝/齋藤太一 – シェティ/ランキレッディ(インド)

保木卓朗/小林優吾 − ヒー/ロー(シンガポール)

【混合ダブルス】

▼1回戦(4月26日)

金子祐樹/松友美佐紀②〔21−18、21−16〕0●李晉熙/吳芷柔(香港)31分

渡辺勇大/東野有紗②〔21−5、21−12〕0●クシャルジャント/クスマワチ(インドネシア)26分

▼2回戦

金子祐樹/松友美佐紀 – ゴーSH/ライSJ(マレーシア)

山下恭平/篠谷菜留 – 張德正/吳詠瑢(香港)

【男子シングルス】

▼1回戦(4月27日)

桃田賢斗 – チコ・アウラ・ドゥイ・ワルドヨ(インドネシア)

渡邉航貴 – ドミトリ・パナリン(カザフスタン)

常山幹太 − 雷蘭晞(中国)

西本拳太 – アドゥルラチ・ナムクル(タイ)

【女子シングルス】

▼1回戦(4月27日)

山口茜 – アーカルシ・カシャップ(インド)

大堀彩 – 何冰嬌(中国)

奥原希望 – ザ・タール・トゥザール(ミャンマー)

髙橋沙也加 – グエン・トゥイリー(ベトナム)

【女子ダブルス】

▼1回戦(4月27日)

志田千陽/松山奈未 – インラヨ/ラモス(フィリピン)

福島由紀/廣田彩花 – プスピタ・サリ/ロセ(インドネシア)

中西貴映/岩永鈴 – ロー/シオウ(マレーシア)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/アジア連盟

 

投稿日:2022/04/26
■関連キーワード

                  

閉じる