【全英オープン2022】「試合の入り方は良かったけど、途中から集中力が欠けてしまった」<2日目/選手コメント-2>

3月17日にBWFワールドツアー・全英選手権(バーミンガム/S1000)2日目・2回戦が行なわれた。試合を終えた日本選手のコメントを紹介する。

2日目/3月17日

試合結果

選手コメント-1
桃田賢斗

選手コメント-2
山口茜、髙橋沙也加

初日/3月16日

試合結果

選手コメント-1
福島由紀&廣田彩花

選手コメント-2
桃田賢斗、保木&小林

山口茜
女子シングルス/2回戦はインドのサイナ・ネワール(インド)に2-1で勝利。

−−試合を振り返って

1ゲーム目など、試合の入り方は良かったと思うけど、途中から集中力が欠けてしまったり、ミスショットが多くなってしまいました。気持ち的に乗り切れず、ファイナルゲームにいってしまったかなと思います。

−−3ゲーム目でリードした場面の心境は

ファイナルゲームの出だしはいいスタートを切れたけど、その中でも、思うようなショットが打てる回数が少なかったです。そこに対してフラストレーションが溜まってしまい、簡単なミスにつながってしまったかなと思います。

髙橋沙也加
女子シングルス/2回戦はプサルラ・V.シンドゥ(インド)に2-1で勝利。

−−試合を振り返って

(相手とは)フランスOP準決勝で対戦していて、相手も違うプレーをしてくるのを想定していました。竸ることは当たり前だと思っていたので、そこでどれだけ我慢するか。先週は戴資穎(タイ・ツーイン/台湾)選手に勝って、自分の中で少し自信がついた部分がありました。今日は向かっていく気持ちで、勝っても負けても、しっかり自分の力を出そうと思っていました。最後まで集中力が途切れずできてよかったです。

−−難しい試合だったが

自分が後半に入ったコートは少し飛ぶので、コート奥を使いすぎずに攻めながら、しっかりメリハリをつけてやることができました。相手の球にしっかり対応もできたので、それがよかったなと思います。

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2022/03/18
■関連キーワード

                        

閉じる