【高校男子選抜大会】ふたば未来学園が瓊浦との接戦を制して頂点到達!

11月21日に開催された『2021 ALLJAPAN Badminton高校選抜大会 Moving forward ~みんなの笑顔とともに~』(大阪府・東大阪大柏原高体育館・アリーナ)最終日は、決勝トーナメントの準決勝から決勝までと、順位決定戦などが行なわれた。ここでは、ふたば未来学園(福島)が優勝を飾った決勝トーナメントのダイジェストを紹介する。

11月20日(初日)のダイジェスト&結果はこちら

大会フォトギャラリー(20日&21日)はこちら

優勝を果たしたふたば未来学園のメンバー

【ダイジェスト】

各チームが1、2年生の新チームで挑んだ今大会。出場した11校(12チーム)の頂点に立ったのは、ふたば未来学園だった。メンバーのほとんどが今年のインターハイで優勝を経験しているふたば未来は、準決勝で高岡第一(富山)と対戦。2面展開で始まった試合は第2ダブルスを落としたものの、第1ダブルスの岩野滉也/崎野翔太が選抜王者の大田隼也/佐々木大樹を2-1で打ち破ると、谷岡大后、齋藤駿がシングルスでストレート勝ちを収めて決勝進出を決める。

反対の山からは、九州の雄・瓊浦(長崎)が決勝へ。今大会はエースダブルスの南本和哉をケガで欠く状況だったが、準決勝では、東大阪大柏原(大阪)を3-1で撃破。予選リーグから第1ダブルスで無敗を誇る奥野天斗/縣涼介が東大阪大柏原のエース・犬嶋宏介/野村波輝をストレートで破ると、こちらも今大会負けなしの第1シングルス・栗山寿一が川畑史吹を2-0に抑えて勝利。エースの櫻井煌介もこれに続き、試合を重ねるごとにチームの勢いは増していった。

不動の第1シングルスとして抜群の安定感を発揮した瓊浦の栗山。持ち味のスピードとダイナミックなプレーで次々と白星をつかんだ

だが決勝は、その瓊浦の勢いをふたば未来が上回る。ダブルス2試合が同時にスタートすると、ふたば未来は第2ダブルスの崎野/谷岡が先制。その後は齋藤/岩野で挑んだ第1ダブルスと第1シングルスの藤田真矛が立て続けに敗れて1-2と追い込まれたが、ここから強さを発揮。第2シングルスの齋藤、第3シングルスの岩野がそろってコートに入り、岩野が奥野を13本、10本と圧倒すると、最後は齋藤が櫻井とのエース対決を2-1で勝利。瓊浦との接戦を3-2で制したふたば未来が優勝をつかみ取った。

決勝は齋藤とのダブルスで苦杯をなめた岩野だったが、1-2と後がない場面で登場したシングルスは強気のプレーで勝利。「自分の力を出せたら負けることはないと、自信を持っていけました」
第1ダブルスで5戦全勝の活躍をみせた瓊浦の奥野(右)/縣。決勝でも強敵を打ち破り、このガッツポーズ。高い実力をアピールした。「自分たちがチームのエースだと言い聞かせて、気持ちで負けないようにプレーできた。二人で力を合わせられたのもよかったところです」と奥野

【優勝コメント】

星 大智 監督

「メンバーの多くはインターハイで優勝を経験していますが、新体制になって初めての全国規模の大会。団体戦は何が起こるかわからない分、気を引き締めてやろうということを伝えてきました。選手たちは、負けられないという思いが強かったと思います。結果的に優勝できましたが、少しでも気を抜けばやられてしまうような試合が多かったので、選抜では圧勝できるように練習を重ねていきたいです」

齋藤 駿 キャプテン

「優勝はうれしいですし、このような大会を開催していただき、貴重な経験を積めたことが一番よかったなと感じています。インターハイが終わり、新チームとして新たな気持ちで、チャレンジャーとしてこの大会に臨みました。でも、決勝の最後のシングルスは、やっぱり負けられないというプレッシャーが少しありました。点数を取りたい気持ちが強すぎたことがミスにつながって第1ゲームを取られたのですが、第2ゲームからは、勢いだけでなく、冷静に落ち着いて相手を回していけた。こういったプレーができるようになったのは、成長した部分だと思います。チームとしては、まだまだこれから強くなるチームだと思うので、3月の選抜で優勝できるようにしっかり頑張っていきたい。個人的には、今大会で見つかった課題を克服して、選抜では“圧勝の3冠”を取りたいです」

【決勝トーナメント結果】(21日)

▶準決勝

ふたば未来学園 3-1 高岡第一

岩野滉也/崎野翔太 2-1 大田隼也/佐々木大樹

齋藤 駿/藤田真矛 0-2 野村光河/松久知弘

谷岡大后 2-0 山岸俊介

齋藤 駿 2-0 松久知弘

 

瓊浦 3-1 東大阪大柏原

奥野天斗/縣涼介 2-0 犬嶋宏介/野村波輝

櫻井煌介/西村陽翔 0-2 池田真那斗/神山剛輝

栗山寿一 2-0 川畑史吹

櫻井煌介 2-0 池田真那斗

奥野天斗 打切り 神山剛輝

 

▶決勝

ふたば未来学園 3-2 瓊浦

齋藤 駿/岩野滉也●0〔16-21、20-22〕②奥野天斗/縣涼介

崎野翔太/谷岡大后②〔21-12、21-15〕0●櫻井煌介/森阪直弘

藤田真矛●0〔17-21、10-21〕②栗山寿一

齋藤 駿②〔19-21、21-16、21-6〕1●櫻井煌介

岩野滉也②〔21-13、21-10〕0●奥野天斗

 

▶3位決定戦

高岡第一 3-1 東大阪大柏原

大田隼也/佐々木大樹 2-1 犬嶋宏介/野村波輝

野村光河/増井翔大 1-2 池田真那斗/神山剛輝

山岸俊介 2-0 佐藤瑠活

佐々木大樹 2-0 神山剛輝

大田隼也 0-2 池田真那斗

※第3シングルスは第2シングルスと同時に試合を実施。先に第3シングルスの決着がついたが、全体のスコアは3-1となる。

 

【5位決定トーナメント】

▶1回戦

聖ウルスラ学院英智 3-0 名経大市邨

比叡山 3-1 水島工

▶5位決定戦

聖ウルスラ学院英智 3-1 比叡山

山岡陸歩/安保武輝 2-1 池山蒼人/衣川真生

片山裕翔/相澤大智 2-0 山本将聖/篠原仙一

飯泉大地 1-2 桑原朋也

安保武輝 2-0 木根拓哉

 

▶7位決定戦

名経大市邨 3-1 水島工

永森一輝/近藤海裕 2-1 城戸郁也/平田璃月

冨田万南斗/森田康介 2-1 橋村優翔/鷹津蒼斗

鈴川拓実 0-2 小川 遼

永森一輝 2-0 橋村優翔

 

【下位リーグ結果】※予選リーグ3位のチームによる順位決定戦 ※丸数字は順位

⑨混成チーム

⑩新田

⑪八代東

⑫神戸村野工

 

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/江見洋子

投稿日:2021/11/22
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング