【ト杯ユ杯2020】「敗れた結果は残念でしたが、チームのパフォーマンスはよかった」(朴柱奉監督)/ユーバー杯

10月16日に開催された世界国・地域別男女対抗戦トマス杯・ユーバー杯(デンマーク・オーフス)8日目は、トマス杯の準決勝、ユーバー杯の決勝が行なわれた。

ト杯ユ杯の記事一覧は こちら

日本の試合予定一覧は こちら

スディルマン杯の結果は こちら

▼放送予定

大会の模様は
CSテレ朝チャンネル2で連日放送!!

日本は、男子のトマス杯はベスト4、女子のユーバー杯は準優勝で大会を終えた。下記はユーバー杯・決勝後の、日本代表・朴柱奉(パク・ジュボン)監督のコメント。

柱柱奉監督

いい戦いだったと思います。第1ダブルスに関しても、第2ダブルスに関しても、普段組んでいるペアではなかったので、ローテーションやコミュニケーションを円滑にするのに少し時間がかかったと思いますし、ロングマッチでしたから、選手たちはとても疲れていました。どちらのダブルスも、勝つチャンスはありましたが、選手たちはよく頑張ったと思います。

中国の第1ダブルスの陳清晨(チェン・チンチェン)/賈一凡(ジャ・イーファン)はオリンピックの銀メダリストですし、ファイティングスピリッツもある。あの試合の第1ゲームが大きかったと思います。あれを取りきれなかったのは残念でした。

敗れたという結果についてはもちろん残念ですが、私たちのチームのパフォーマンスはよかったと思っています。

トマス杯に関しては、ダブルスが新しいペアになったり、桃田賢斗がオリンピックの敗戦から立ち直りつつありますが、今大会でもリー・ジジャ(マレーシア)、許侊熙(ホ・グァンヒ/韓国)に敗れました。ダブルスに関しても、シングルスに関しても、まだ成長中のチームです。

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/10/17
■関連キーワード

               

人気記事ランキング