【ト杯ユ杯2020】「自分が相手の攻撃をしのげなかったのが負けた敗因」(桃田)選手コメント7日目/トマス杯

10月15日に開催された世界国・地域別男女対抗戦トマス杯・ユーバー杯(デンマーク・オーフス)7日目は、トマス杯の準々決勝、ユーバー杯の準決勝が行なわれた。日本男子は準々決勝で韓国と対戦。日本が0-2からの逆転勝利を飾り、準決勝の切符を手にした。ここでは試合に出場した選手のコメントを紹介しよう。

ト杯ユ杯の記事一覧は こちら

日本の試合予定一覧は こちら

スディルマン杯の結果は こちら

▼放送予定

大会の模様は
CSテレ朝チャンネル2で連日放送!!

第1シングルス
桃田賢斗(0-2で敗戦)

ずっと相手に主導権を握られている展開で、自分に余裕がなかったのかなと思います。特に苦手意識というのはなかったですが、自分が相手の攻撃をしのげなかったのが負けた敗因かなと思います。

(今後の課題)相手に打たれる展開よりも、自分の球の精度を上げて“攻撃させる”というプレーにもっていかないとダメかなと思います。今は(自分が受け身で)“攻められている”という感じですけど、(自分が主導して)“攻めさせる”思考に持っていかないと厳しい。(この後は)仲間を信じて応援するだけと思います。

第2ダブルス
古賀輝(左)/渡辺勇大
(2-0で勝利)

古賀 (戦う前の準備は)試合の前にこれといったのは特になかったけど、自分たちはDができるので、それを強みに思ってラリーしようと思いました。

第3シングルス
西本拳太(2-0で勝利)

スディルマン杯から試合が続いて疲れもあるとは思うけど、3-2でもこうやって勝つことができたので、それはチームの力だと思うし、団体戦のいいところ。明日も助け合って、力をあわせて頑張りたいと思います。

プレッシャーはありましたけど、なかなかこういう場面でコートに立つことはないので、その場面でコートに立てることに感謝して、精いっぱい頑張りました。(試合については)まずは勝てたので満足しています。内容はこれから反省しますけど、こうやって(逆転で)勝てたことは大きいし、チームが一丸になれたと思います。

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/10/15
■関連キーワード

               

人気記事ランキング