【ト杯ユ杯2020】中国は男女ともに決勝トーナメント進出が決定!<4日目結果/トマス杯&ユーバー杯>

10月12日に開催された世界国・地域別男女対抗戦トマス杯・ユーバー杯(デンマーク・オーフス)4日目は、男女各予選リーグが行なわれた。

ト杯ユ杯の記事一覧は こちら

日本の試合予定一覧は こちら

スディルマン杯の結果は こちら

▼放送予定

大会の模様は
CSテレ朝チャンネル2で連日放送!!

【トマス杯】

ト杯連覇をねらうグループCの中国は、格下オランダと対戦。石宇奇などの主力を温存したが、若手メンバーを中心に白星を重ねて5-0で快勝。危なげない戦いでリーグ2勝目を手にした。同じくC組のインドもタヒチに5-0で勝利。日本と同じグループDのマレーシアは、リー・ジジャ(上写真)などがカナダ戦に出場し、星を一つも落とさずに完勝。リーグ2勝目をつかんだ。

12日の結果は以下の通り。

■予選リーグ(12日の結果)

▼グループC

中国(2勝)5−0 オランダ(2敗)

インド(2勝)5−0 タヒチ(2敗)

▼グループD

マレーシア(2勝)5−0 カナダ(2敗)

■予選リーグ(13日の対戦カード)

▼グループA

インドネシア(2勝)− 台湾(1勝1敗)

タイ(1勝1敗)− アルジェリア(2敗)

▼グループB

デンマーク(2勝)− 韓国(2勝)

ドイツ(2敗)− フランス(2敗)

▼グループC

オランダ(2敗)− タヒチ(2敗)

【ユーバー杯】

グループAは2連勝中の日本とインドネシアが激突。日本が5-0で勝利を奪い、リーグ戦の1位通過を決めた。グループBはタイ、インドがそれぞれ2つ目の白星を獲得。グループDは中国が地元のデンマークに5-0で勝利を飾り、リーグ1位で決勝トーナメント進出を決めている。

中国は女子シングルスの何冰嬌が第1シングルスで登場。しっかり白星を獲得した

12日の結果は以下の通り。

■予選リーグ(12日の結果)

▼グループA

日本(3勝)5−0 インドネシア(2勝1敗)

フランス(1勝2敗)3−2 ドイツ(3敗)

▼グループB

タイ(2勝)5−0 スペイン(2敗)

インド(2勝)5−0 スコットランド(2敗)

▼グループD

中国(3勝)5−0 デンマーク(2勝1敗)

■予選リーグ(13日の対戦カード)

▼グループB

タイ(2勝) − インド(2勝)

スペイン(2敗)− スコットランド(2敗)

▼グループC

韓国(2勝)− 台湾(2勝)

エジプト(2敗)− タヒチ(2敗)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/10/13
■関連キーワード

               

人気記事ランキング