【スディルマン杯2021】「2ゲーム目終盤は、自分なりに考えながらプレーできた」(桃田)3日目/選手コメント-2

9月28日に世界国・地域別男女混合団体戦スディルマン杯(フィンランド・ヴァンター)3日目が開催された。予選リーグ・イングランド戦に出場した日本選手のコメントを紹介する。

結果・コメントの一覧は こちら

大会の模様は
CSテレ朝チャンネル2で連日放送!

男子シングルス
桃田賢斗:ジョーニー・トルセンに2−0で勝利

すごく緊張して、序盤は思うようなプレーができなかったけど、2ゲーム目の終盤から少しずつ自分の中でつかんできたものがあった。すごくいい感覚で試合を締めくくることできたと思います。

1ゲーム目はすごく緊張してしまって、1点1点に集中することができていなかったのが反省点です。よかった点は、2ゲーム目の終盤に落ち着いて、相手を見て、自分なりに考えながらプレーできたので、そこはいい方向に向かっているのかなと思います。手応えを得ることができました。

(東京五輪の敗戦から学んだこと)自分に厳しくやらなきゃいけないと思いすぎて、視野が狭くなっていた。ずっと不安な状況で、自分のことを信じることができなかったので、試合に対する気持ちの持っていき方などが、東京五輪で得たことかなと思います。

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/09/29

人気記事ランキング