【バドマガ情報】早川賢一&髙橋礼華が解説! ダブルスで勝つためのサービス 10月号のココに注目!<5>

9月22日(水)に、バドミントン・マガジン10月号が発売されました! 今回も特集や企画の内容などを、数回に分けて紹介していきます。

<技術・戦術特集>
ダブルスで勝つための“カギ”を深堀り!
早川賢一&髙橋礼華のサービス論

ダブルスで主導権を握るための一つのポイントとなるサービス。この企画では、自身も世界のトップで活躍し、現在は指導者として活躍する早川賢一コーチと髙橋礼華コーチに、世界の最新の傾向も踏まえた男子ダブルスと女子ダブルスにおけるサービスの重要性や、極意などをうかがいました。

サービスは、2019年のルール改定後、世界のトップランカーの中でさまざまな変化が生まれています。それは、どのような変化なのか。それぞれの視点で感じていることをお話いただきました。また、早川コーチ、髙橋コーチ流の“サービス極意”も必読。ミスをしないためのポイントや、持つべき意識など、参考になることばかりです。

さらに、早川コーチには、ショートサービスから攻撃に展開する戦術を、髙橋コーチには、ロングサービスを有効的に使う方法を教えていただきました。ぜひじっくりと読み込んで、レベルアップに役立ててください。

サービスを打つ時のポイントから使い方まで教えていただきました!

【担当者メモ】

東京五輪を見て、海外選手のサービス技術の高さと使い方のうまさが印象に残りました。そこで今回は、ルール改定後の世界の傾向とともに、技術や使い方のコツを知るべく、早川コーチと髙橋コーチを取材。早川コーチは、ルール改定前に現役を引退していますが、コーチとして、海外勢の変化にどう対応すべきかなどの考えをうかがいたく、そしてもちろん、現役時代に心がけていたことなども聞いてみたいと思いました。

髙橋さんは、リオ五輪決勝のファイナルゲームで16-19から逆転勝ちしたときなど、ロングサービスを有効に使っていたのが印象的で、当時のことや、メンタル面のこと、サービスに対する考えを聞いてみたいと思いました。これまで二人からサービスに対する考えをじっくりうかがうことがなかったので、どちらのお話もすごく興味深かったです。

私自身、サービスの重要性についてなど、あらためて考える機会となりました。皆さんにとっても、そういった機会にもなればうれしいです。

Amazon

楽天BOOKS

スポーツクリック

定期購読(定期割)

ベースボール・マガジン社 販売部
(0120‐911‐410)

文/バドミントン・マガジン編集部

投稿日:2021/09/26

人気記事ランキング