【全中2021】柳井の宮崎友花に全国初タイトル!<女子シングルス>

第51回全国中学校バドミントン大会(山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園 体育館)は23日、最終日を迎え、個人戦各種目の準決勝と決勝が行なわれた。ここでは、女子シングルスのダイジェストをお伝えする。

【女子シングルス】

準決勝2試合はハイレベルなラリーの応酬で、長いゲームとなった。宮崎友花(柳井・山口/写真)と砂川温香(豊四季・千葉)のジュニアナショナル対決は、2−0で宮崎が勝利。玉木亜弥(四天王寺・大阪)と松田仁衣菜(福井工大附福井・福井)の対戦は、2−1で玉木が制して決勝進出を決めた。全身のバネを生かしてコートを駆け回り、力強くラケットを振り抜く砂川、お手本のようなフォームから安定したストロークでラリーを作る松田と、負けた選手のプレーも見応えあり。終了時間はほぼ同じという、どちらも内容の濃い試合だった。

準決勝の接戦を制して決勝進出を果たした玉木亜弥(四天王寺)

決勝もジュニアナショナル同士の対決となり、第1シードの宮崎が好敵手を相手に集中力を増していく。対する玉木は安定したフットワークでシャトルの下にしっかり入り、力強いショットを放てるのが強み。しかし、宮崎はその玉木を追い込んで体勢を崩し、前で仕留める得意の形でポイントを重ねていく。今大会最高と言えるパフォーマンスを披露した宮崎が21−14、21−9で勝利。自身初の全国優勝を手にした。

【優勝コメント】

宮崎友花(柳井中3年・山口)

優勝できてすごくうれしいです。今大会は、絶対に優勝して次の道に進もうという気持ちで挑みました。団体戦からファイナルゲームが多くてすごくつらかったけど、『絶対に負けたくない、こんなところで負けていたらダメだ』という気持ちが強かったです。そして、キツいときに仲間がいることがすごくうれしかった。頼りになる仲間がいてくれて、本当によかったです。

〈23日の結果〉

▼準決勝

宮崎友花(柳井・山口)②〔21-17、21-11〕0●砂川温香(豊四季・千葉)

玉木亜弥(四天王寺・大阪)②〔21-12、18-21、21-16〕1●松田仁衣菜(福井工大附福井・福井)

▼決勝

宮崎友花②〔21-14、21-9〕0●玉木亜弥

準優勝の玉木亜弥(四天王寺)。「足を痛めていてうまく動けなかったけど、相手を崩したりできたのはよかったと思います。できなかった部分もありますが、決勝にいけたことはすごくうれしいです。この結果を素直に受け止めて、高校でもしっかり頑張っていきたいです」

※全国中学校大会の詳報や写真、全記録を掲載する『バドミントン・マガジン10月号』は9月22日(水)より発売予定。熱戦の模様を誌面でも、ぜひご覧ください!

取材・文/平田美穂

写真/井出秀人

投稿日:2021/08/23
■関連キーワード

            

人気記事ランキング