【全中2021】2年生の澤田修志が三浦大地との埼玉栄対決を制して頂点に!<男子シングルス>

第51回全国中学校バドミントン大会(山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園 体育館)は23日、最終日を迎え、個人戦各種目の準決勝と決勝が行なわれた。ここでは、男子シングルスのダイジェストをお伝えする。

【男子シングルス】

男子シングルスの決勝は、団体戦を制した埼玉栄(埼玉)の同校対決となった。

ほぼ同時に始まった準決勝の2試合で、先に決勝進出を決めたのは2年生の澤田修志(写真)。緊張感のある準決勝でも、これまでと同様に落ち着いた試合運びで3年生の大澤達也(青森山田・青森)を翻ろう。硬さの見える相手に隙を与えず、わずか3本、11本に抑えての危なげない勝ち上がりだ。

一方、3年生の三浦大地は、山田琉碧(福井工大附福井・福井)との準決勝でやや苦戦を強いられる。第1ゲームは19-20と先にゲームポイントを奪われる展開に。だが、気持ちで引かずに得意の攻撃で流れをつかむと、そのまま押しきって23-21。第2ゲームも上からのショットでペースをつかみ、12本に抑えて決勝進出を決めた。

苦しい場面でも強気に攻めて決勝進出を果たした三浦大地(埼玉栄)

そのわずか30分後に始まった決勝戦。互いに手の内を知る者同士とあって第1ゲームは中盤まで競り合ったが、ここを抜け出したのは澤田のほうだ。自信を持つスマッシュレシーブから相手を崩すなどして21-18で第1ゲームを奪うと、第2ゲームはテンポよく攻めてペースを掌握した。疲労もあって防戦一方になった三浦。7-15から11-16まで追い上げる意地を見せたが、最後まで冷静さを失わなかった澤田がここから5連続ポイントつかんでゲームオーバー。大会史上初の3連覇を遂げた奈良岡功大(当時・浪岡)以来、6年ぶりとなる2年生チャンピオンが誕生した。

【優勝コメント】

澤田修志(埼玉栄・埼玉)

優勝できてすごくうれしいです。決勝は、お互いに手の内がわかっている三浦先輩が相手でしたが、県大会や地区大会でも勝っていたので、いつも通りやれば勝てると思っていました。三浦先輩はスマッシュが素晴らしいので、1ゲーム目はそこに対応しきれなかったです。でも、うまく修正できましたし、風がある中でも、飛ぶ方と飛ばない方のコートで戦い方を変えていけたのがよかったと思います。

自分は2年生なのでプレッシャーや緊張もあまりなかったけれど、来年はプレッシャーがかかってくる。そこに打ち勝つような自信を練習でつけて、2連覇することが目標です。将来の夢は、オリンピックで優勝すること。難しいことだと思いますが、これからいろんな大会で勝っていけるように、1日1日を大切にしていきたいです。

〈23日の結果〉

▼準決勝

三浦大地(埼玉栄・埼玉)②〔23-21、21-12〕0●山田琉碧(福井工大附福井・福井)

澤田修志(埼玉栄・埼玉)②〔21-3、21-11〕0●大澤達也(青森山田・青森)

▼決勝

澤田修志②〔21-18、21-11〕0●三浦大地

準優勝となった三浦大地(埼玉栄)。「相手はレシーブがよくて攻撃が決まらないので、ねらい過ぎてミスをしてしまいました。ペースを握られないように意識していたのですが…。応援してくれた人たちに申し訳ない気持ちです。自分は準優勝が多いので、高校では優勝できるように、今回の悔しさを次につなげていきたいです」

※全国中学校大会の詳報や写真、全記録を掲載する『バドミントン・マガジン10月号』は9月22日(水)より発売予定。熱戦の模様を誌面でも、ぜひご覧ください!

取材・文/バドミントン・マガジン編集部
写真/井出秀人

投稿日:2021/08/23
■関連キーワード

            

人気記事ランキング