【全中2021】単は宮崎などV候補が準決勝進出! 複は埼玉栄の上野&垣内が団体優勝の青森山田ペアを破ってベスト4へ<女子個人>

8月20日から23日にかけて、第51回全国中学校バドミントン大会(山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園 体育館)が開催。22日は、男女ダブルス・シングルスの2回戦から準々決勝が行なわれ、それぞれベスト4が出そろった。ここでは、女子のダイジェストをお伝えする。

【女子シングルス】

第1シードの宮崎友花(柳井・山口/写真)は、初戦となった2回戦、続く3回戦とファイナル勝負を勝ちきってベスト8進出。準々決勝では、ふたば未来学園(福島)の主将・秋田まなと対戦。団体戦と同じく2−0で勝利して、最終日の準決勝へと駒を進めた。

23日の準決勝で宮崎と対するのは、第4シードの砂川温香(豊四季・千葉)。3回戦は神尾朱理(四天王寺・大阪)に2−1と苦戦するも、きっちり勝ち上がってきた。宮崎とのジュニアナショナル(U16)対決は、どんな結末になるだろうか。

ベスト4入りを果たした3年生の砂川温香(豊四季)

反対側の山、上部を勝ち上がったのは玉木亜弥(四天王寺)。準々決勝では横内美音(青森山田・青森)とのジュニアナショナル対決を制し、2回戦からすべてストレート勝利でベスト4。団体戦ではダブルスでの起用だったが、調子は上々のようだ。

玉木と対戦するのは、松田仁衣菜(福井工大附福井・福井)。こちらは団体戦からシングルスを担って2勝をあげており、安定感あるプレーを披露している。

なお、1年生として唯一出場していた永渕友梨華(昭栄・佐賀)は3回戦進出。最後は3年生の長谷川幸咲(広幡・静岡)に敗れて涙を流したが、ファイナルゲーム20−22という激闘だった。

四天王寺の玉木亜弥は、全国優勝などの実績を持つ強敵を破って準決勝進出
団体戦に続いてベスト4入りした松田仁衣菜(福井工大附福井)

〈22日の結果〉※準々決勝

宮崎友花(柳井・山口)②〔21-5、21-19〕0●秋田まな(ふたば未来学園・福島)

砂川温香(豊四季・千葉)②〔21-16、21-10〕0●長谷川幸咲(広幡・静岡)

玉木亜弥(四天王寺・大阪)②〔28-26、21-12〕0●横内美音(青森山田・青森)

松田仁衣菜(福井工大附福井・福井)②〔21-12、21-18〕0●長廻優茉(浜山・島根)

〈準決勝の対戦カード(23日)〉

宮崎友花(柳井・山口) - 砂川温香(豊四季・千葉)

玉木亜弥(四天王寺・大阪) - 松田仁衣菜(福井工大附福井・福井)

【女子ダブルス】

団体戦優勝の青森山田のエースダブルス、平本梨々菜/広瀬万倫が準々決勝敗退。二人を倒して準決勝に勝ち上がったのは、埼玉栄(埼玉)の上野凛(写真奥)/垣内杏南。団体戦準々決勝、あと2点で勝利という場面から逆転負けした悔しさを、個人戦の舞台で晴らした。右左ペアの特徴を生かしたラリーができるのが強みだ。

上野/垣内と対戦するのは、本田希藍/東野有咲(九州国際大付・福岡)。2回戦、準々決勝とファイナルゲームを制した名門校のペアが、さらに上をねらっていく。

ベスト4入りを決めた本田希藍(左)/東野有咲(九州国際大付)

反対側の山、上部からは本村優奈/和田春菜(大徳・石川)が準決勝進出。不戦勝となった初戦を経て、四天王寺の池田美和/原田小雪、柳井の西田優/大西絢心を、攻撃力で圧倒してきた。

対するのは初日の団体戦準優勝、ふたば未来学園の第1ダブルス、山北眞緒/山本優愛。初戦は2−1と苦しんだが、その後はストレート勝利。昨年夏の中学フェスティバルで姉・奈緒とのペアで優勝している山北が、2年生の山本とのペアで頂点に立つか、注目が集まる。

北信越ブロック1位の本村優奈(左)/和田春菜(大徳)が準決勝へ
第2シードから優勝をめざす山北眞緒(前)/山本優愛(ふたば未来学園)

〈22日の結果〉※準々決勝

上野凛/垣内杏南(埼玉栄・埼玉)②〔21-14、21-18〕0●平本梨々菜/広瀬万倫(青森山田・青森)

本田希藍/東野有咲(九州国際大付・福岡)②〔21-13、15-21、21-14〕1●波多柚香/鈴木菜夏(船木・愛媛)

本村優奈/和田春菜(大徳・石川)②〔21-10、21-17〕0●西田優/大西絢心(柳井・山口)

山北眞緖/山本優愛(ふたば未来学園・福島)②〔21-14、21-14〕0●鈴木あいり/篠原那奈(淑徳巣鴨・東京)

〈準決勝の対戦カード(23日)〉

上野凛/垣内杏南(埼玉栄・埼玉) - 本田希藍/東野有咲(九州国際大付・福岡)

本村優奈/和田春菜(大徳・石川) - 山北眞緖/山本優愛(ふたば未来学園・福島)

★団体戦(21日)の女子ダイジェストはこちら

★団体戦(21日)の女子フォトギャラリーはこちら

※全国中学校大会の詳報や写真、全記録を掲載する『バドミントン・マガジン10月号』は9月22日(水)より発売予定。熱戦の模様を誌面でも、ぜひご覧ください!

取材・文/平田美穂

写真/井出秀人

投稿日:2021/08/22
■関連キーワード

         

人気記事ランキング