【全中2021】埼玉栄が6年ぶりV! 決勝で宿敵・ふたば未来学園を撃破<男子団体>

8月20日から23日にかけて、第51回全国中学校バドミントン大会(山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園 体育館)で開催。20日は男子団体戦の1回戦、女子団体戦の1~2回戦が実施され、21日は決勝戦までが行なわれた。ここでは、埼玉栄(埼玉)が優勝を果たした男子団体のダイジェストをお伝えする。

【ダイジェスト】

優勝を果たした埼玉栄のメンバー

男子団体は、埼玉栄とふたば未来学園(福島)、福井工大附福井(福井)、聖ウルスラ学院英智(宮城)の4チームが準決勝に進出。第1シードのふたば未来は、初の4強入りを果たした福井工大附福井を2-0で下して決勝へ。反対の山からは、埼玉栄が聖ウルスラを同じく2-0のストレートで破って決勝進出を決めた。

ダブルス2試合、シングルス1試合の3試合が同時に始まった決勝戦。スタートダッシュを決めたのは埼玉栄だ。第2ダブルスを任された埼玉栄の2年生ペア・澤田修志/花井和紀が3年生ペアの江見友希/山城拓也を14本、7本で圧倒。これで優勝に王手をかけると、第1ダブルス、シングルスともに第1ゲームを奪っていた埼玉栄が勢いに乗り、最後は第1ダブルスの有江琥珀/稲川蓮二郎が中静悠斗/藤吉珠李とのエース対決を23-21、27-25の接戦でモノにし、埼玉栄が歓喜の瞬間を迎えた。

優勝を決めて喜びを爆発させた有江琥珀(左)/稲川蓮二郎。初戦からすべての試合で第1ダブルスを任された3年生ペアが全勝の活躍でチームをけん引した
準優勝となったふたば未来学園。シングルスのエースである松川健大は、三浦大地から第2ゲームを奪い返す意地を見せた

22日は、男女ダブルス・シングルスの2回戦から準々決勝が同会場で行なわれる(1回戦は21日に実施)。試合開始時間は9時の予定。

【優勝コメント】

名倉康弘監督

今年も大会が開催できるかわからない状況でしたが、こうして開催していただいて、本当にありがたいです。3月の全日本中学生大会でふたば未来メンバーの福島に負けていた分、選手たちはリベンジをしたい気持ちも強かったと思います。また、インターハイが終わってから、高校生たちが出発の前日まで毎日相手をしてくれたんです。第1ダブルスのペアもそうですが、そのおかげで我慢強くプレーできるようになったことが大きかったと思います。本当に最後までどちらに転んでもおかしくない展開でしたが、よく頑張ってくれましたね。

三浦大地キャプテン

最後に自分が決めることはできなかったんですけど、みんなが勝って優勝できてすごくうれしいです。2年ぶりの全中で、去年出られなかった先輩たちの分まで絶対に優勝したかったですし、久しぶりの公式戦で勝って名倉先生を喜ばせたいという気持ちをみんなが持っていました。それに、高校生の先輩がたくさん相手をしてくれた分、恩返ししたい気持ちも強くて…。自分一人ではなく、みんながそういう気持ちだったから優勝できたんだと思います。

【21日の結果】※2回戦以降

▼2回戦

ふたば未来学園(福島) 2-0 池田(岐阜)

日見(長崎) 2-0 蓮田南(埼玉)

能古(福岡) 2-1 長岡第三(京都)

福井工大附福井(福井) 2-1 淑徳巣鴨(東京)

聖ウルスラ学院英智(宮城) 2-0 松徳学院(島根)

協和(香川) 2-0 小俣(三重)

埼玉栄(埼玉) 2-0 勝山北部(福井)

青森山田(青森) 2-0 愛宕(北海道)

▼準々決勝

ふたば未来学園 2-0 日見

福井工大附福井 2-1 能古

聖ウルスラ学院英智 2-1 協和

埼玉栄 2-0 青森山田

▼準決勝

ふたば未来学園 2-0 福井工大附福井

埼玉栄 2-0 聖ウルスラ学院英智

▼決勝

埼玉栄 2-0 ふたば未来学園

有江琥珀/稲川蓮二郎②〔23-21、27-25〕0●中静悠斗/藤吉珠李

三浦大地 1〔21-18、20-22、8-9、打切り〕1 松川健大

澤田修志/花井和紀②〔21-14、21-7〕0●江見友希/山城拓也

決勝の第2ダブルスで勝利をつかんだ埼玉栄の2年生ペア・澤田修志(左)/花井和紀
準優勝のふたば未来学園

全国中学校大会の詳報や写真、全記録を掲載する『バドミントン・マガジン10月号』は9月22日(水)より発売予定。熱戦の軌跡を誌面でも、ぜひご覧ください!

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/井出秀人

投稿日:2021/08/21
■関連キーワード

               

人気記事ランキング