【東京五輪】女子ダブルス決勝はポリイ&ラハユVS陳清晨&賈一凡の対戦に!<8日目レポート-1>

7月31日に開催された東京オリンピック・バドミントン競技(武蔵野の森 総合スポーツプラザ)8日目のデイセッションは、女子ダブルス準決勝2試合と、男子シングルス準々決勝が行なわれた。

大会結果・選手コメント一覧は こちら

女子ダブルス決勝の切符をかけた勝負、その最初の試合に登場したのは、インドネシアのポリイ(上写真・右)/ラハユと、韓国の李紹希(イ・ソヒ)/申昇瓚(シン・ソンチャン)だ。第1ゲームから接戦となった試合は、8-11からポリイ/ラハユが5連続得点で逆転すると、その後も追走する韓国ペアを振りきって21-19で先取。第2ゲームも序盤から点の奪い合いとなったが、15-16から再びインドネシアペアが連続得点で引き離し、最後は21-17で勝利した。インドネシアの女子ダブルスでは、過去7大会のオリンピックで初の決勝進出を決めている。

もう一つの準決勝、陳清晨(チェン・チンチェン)/賈一凡(ジャ・イーファン/中国)と金昭英(キム・ソヨン)/孔熙容(コン・ヒヨン/韓国)の試合は、中国ペアが2-0のストレートで完封。女子ダブルスの頂上決戦は、ポリイ/ラハユVS陳清晨/賈一凡のカードとなった。

男子シングルスは準々決勝を争い、ベスト4が決まった。デイセッションの第1試合に登場したのは、予選リーグ・グループAで桃田賢斗を下し決勝トーナメントに進んだ許侊熙(ホ・クァンヒ/韓国)。対戦相手はグアテマラのケビン・コルドン(上写真)。世界ランクや実績面から見れば、許侊熙が有利かと思われたが、ここで奮起したのはコルドン。第1ゲームから積極的に攻撃を仕掛けて先制すると、第2ゲームも21-18と接戦を制して準決勝進出を決めた。

リオ五輪銅メダリストのビクター・アクセルセン(デンマーク)と中国の石宇奇(シー・ユーチー)の試合は、アクセルセンが石宇奇を寄せ付けず13本、13本に封じて勝利。1回戦で常山幹太を破ったアンソニー・S・ギンティン(インドネシア)は、2019年世界選手権準優勝のアンダース・アントンセン(デンマーク)を2-1で退けて4強入りを決めた。リオ五輪金メダリストの諶龍(チェン・ロン/中国)と、第2シードの周天成(チョウ・ティエンチェン/台湾)の対決は、ファイナルゲーム14本で制した諶龍に軍配が上がっている。

アントンセンとのメダル候補対決となった勝負を制したのはギンティン。最後までねばり強く戦い準決勝に進出

7月31日のデイセッションの結果は以下の通り。

【女子ダブルス】

▼準決勝

ポリイ/ラハユ(インドネシア)②〔21−19、21−17〕0●李紹希/申昇瓚(韓国)71分

陳清晨/賈一凡(中国)②〔21−15、21−11〕0●金昭英/孔熙容(韓国)44分

▼決勝

ポリイ/ラハユ – 陳清晨/賈一凡

【男子シングルス】

▼準々決勝

ケビン・コルドン(グアテマラ)②〔21−13、21−18〕0●許侊熙(韓国)42分

ビクター・アクセルセン(デンマーク)②〔21−13、21−13〕0●石宇奇(中国)41分

アンソニー・S・ギンティン(インドネシア)②〔21−15、15−21、21−18〕1●アンダース・アントンセン(デンマーク)79分

諶龍(中国)②〔21−14、9−21、21−14〕1●周天成(台湾)74分

▼準決勝

ビクター・アクセルセン − ケビン・コルドン

アンソニー・S・ギンティン – 諶龍

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/Getty Images

投稿日:2021/07/31
■関連キーワード

            

人気記事ランキング