【東京五輪】「メダルには届かなかったけど、人生の中で一番の思い出に残る日になった」(園田)6日目/選手コメント-3

7月29日に開催された東京オリンピック・バドミントン競技(武蔵野の森 総合スポーツプラザ)6日目は、男子ダブルス・準々決勝が行なわれた。日本は予選リーグを突破した2ペアが登場し、園田啓悟/嘉村健士が世界王者のセティアワン/アッサン(インドネシア)と激突。ファイナル勝負の末、園田/嘉村は惜しくも敗れ、初めての五輪はベスト8で終幕した。試合後の2人のコメントを紹介する。

大会結果・選手コメント一覧は こちら

■男子ダブルス・準々決勝

結果:セティアワン/アッサン(インドネシア)に1-2で敗戦

――試合を振り返って

園田(写真左) インドネシアペアはサービスまわり、球の角度、球の沈め方など本当に柔らかさがあって、とても難しい試合でしたけど、準々決勝の舞台に立ててうれしかったです。

嘉村 今日初めて2コートで試合をしたんですけど、1コートとまったく違う風がありました。相手は2コートで試合をしていましたし、出だしの入りで“風の流れがわかっているな”と感じながら試合に入りました。2ゲーム目、自分たちが有利な展開で攻めることができたんですけど、ファイナルゲームは昔から課題にしてきたサービスまわりを最後まで克服できずに負けてしまったのかな、というふうに思います。

――オリンピックを終えて

園田 リオオリンピックが終わってからなかなかレースで勝てない時期がありました。東京オリンピックが決まって、二人で5年間突っ走ってきて、そこでも苦しい時期、辛い時期がありました。もちろん楽しい時もありました。そういう日々を共有して今日という日があり、こういう舞台に立てて。負けてメダルには届かなかったですけど、人生の中で一番の思い出に残る日になりました。

1年延期で行なわれたオリンピック。いろんな意見がありましたけど、開催していただいて、この場に今日立てて、悔しいけれど悔いはありません。本当にまわりの方たちに感謝しています。(長く組んできたパートナーには)「組んでくれてありがとう」。本当にその一言です。

嘉村 負けてしまったので悔しいという思いが今は強いですけど、いろんな苦労をしてここまでたどり着きました。この状況下で自分たちがここに立てているのは、たくさんの人たちの支え、応援が一番大きかったと改めて感じています。本当に感謝の気持ちしかありません。今後については、このオリンピックの舞台でメダルを取る気持ちでやってきたので、まずはゆっくり休んでから考えようかなと思っています。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/JMPA

投稿日:2021/07/29

人気記事ランキング