【東京五輪】「決勝トーナメントでは、自分たちらしいプレーができるようにしたい」(嘉村)4日目/選手コメント-1

7月27日に行なわれた東京オリンピック・バドミントン競技(武蔵野の森 総合スポーツプラザ)4日目は、各種目の予選リーグを実施。男子ダブルスに登場した園田啓悟/嘉村健士は、中国ペアにストレート負けを喫したものの、2勝1敗でC組2位となり、決勝トーナメント進出を決めている。ここでは、試合後の2人のコメントを紹介する。

大会結果・選手コメント一覧は こちら

■男子ダブルス・予選リーグ(グループC)

結果:李俊慧/劉雨辰(リ・ジュンフイ/リュウ・ユチェン/中国)に0-2で敗戦

園田(写真奥) 久しぶりに中国ペアとの対戦でしたけど、もちろんアタック力はありますし、今日はエラーが少ないなというイメージでした。今日に関しては、自分たちの得意な低空戦に持ち込みましたが、浮いている球が多かった。その辺で相手に先手、先手で試合を運ばれて難しい試合でした。

(決勝トーナメントに向けて)自分たちの持ち味は低空戦なので、そこでしっかりと自分たちから先手を取っていける試合というのは主導権が握りやすい。そこにこだわって決勝トーナメントの入りを意識しながらやっていきたいと思います。

嘉村 (今回の会場は)全体的にシャトルが遅いので、その分、球がきれいに沈んでいかないと、相手がパワーで来た場合に、体が小さい自分たちは押し返すことができないと思う。今日は速いドライブに対しては交わすイメージで入ったのですが、相手の準備の方が早かったので、先手を取られたと思います。相手は簡単に上げてしまうとすごいスマッシュがくるので、上げないようにしようとしていたんですけど、サービスまわりから1本目で上げてしまったりという形が今日は多かったので、作戦通りにいかずに負けてしまったのかなと。

今日は引いてしまったイメージがありますが、前で前でというのが自分たちのスタイル。コートのなかで動き回って、自分たちらしいプレーができるように。2位通過ですけど、決勝トーナメントに上がればまだわからないので、勝ちにこだわって頑張りたいと思います。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/Getty Images

投稿日:2021/07/27

人気記事ランキング