【東京五輪】渡辺&東野は苦しみながらも白星スタート!<初日レポート−1>

東京2020オリンピックのバドミントン競技は、7月24日から開幕。同日、調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで、各種目の予選リーグ初戦がスタートした。24日のデイセッションでは、渡辺勇大/東野有紗、山口茜が初戦に臨んだ。

大会結果・選手コメント一覧は こちら

午前9時からの開幕試合に登場したのは、混合ダブルスの渡辺勇大(写真右)/東野有紗。世界ランキング17位のクリスチャンセン/ボエ(デンマーク)にファイナルゲームの末に勝利し、苦しみながらも白星を挙げた。

初戦の緊張感を感じさせた渡辺/東野は、第1ゲームを20オールから2連続失点でゲームを失う。第2ゲームを21-11と奪い返したものの、ファイナルゲーム序盤で1-6とリードを許すなど、なかなか波に乗り切れなかった。それでも中盤から東野が冷静にネット勝負でポイントを奪い、先に11点を奪って折り返すと、終盤は攻撃を畳みかけてデンマークペアを突き放した。

「緊張を受け入れて戦うことができた。これからも劣勢な場面はたくさんあると思うので、いいゲームになったと思う」と渡辺。辛勝だったが、次につながる試合だったと言えるだろう。

また、山口茜は、146位のパキスタン選手に21-3、21-8で勝利。わずか23分で退ける快勝だった。

初戦を快勝で飾った山口茜

【女子シングルス】

山口茜(日本)②〔21−3、21−8〕0● マホール・シャハザード(パキスタン)23分

【混合ダブルス】

渡辺勇大/東野有紗(日本)②〔20−22、21−11、21−15〕1●クリスチャンセン/ボエ(デンマーク)65分

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/JMPA

投稿日:2021/07/24

人気記事ランキング