【日本ランキング】日本ランキング更新!ランサー上位者がランクアップ!<男女シングルス>

6月11日、日本バドミントン協会から最新の日本ランキングが発表された。

今回のランキングは、5月29日〜6月2日に開催された2021年日本ランキングサーキット(RC)の結果が反映され、中位以降に変動があった。ここでは、男女シングルスのランキングについて紹介する。

【男子シングルス】

男子シングルスのランキングはこちら

前回のランキング(5月2日付)から上位1〜5位は変わらず。

RCに出場していないA代表、桃田賢斗(NTT東日本)、西本拳太(岐阜県協会)、常山幹太(トナミ運輸)が1〜3位。決勝で激突したB代表、優勝した古賀穂(NTT東日本/上写真)、準優勝の奈良岡功大(IMG)が続く。

RC3位の二人はランクアップ。坂井一将(金沢学院クラブ)が10位から6位、下農走(トナミ運輸)は一つ順位を上げて8位となっている。2回戦敗退の五十嵐優(ユニシス)は6位から10位に、不出場のA代表、渡邉航貴(日本ユニシス)は8位から12位に、それぞれ後退した。

RCベスト4のベテラン坂井一将が4つランクを上げて6位に

五十嵐を2回戦で倒し、3種目でベスト8以上(混合ダブルスは3位)に入った緑川大輝(早稲田大)は、20位から15位にランクアップ。B代表の田中湧士(日本大)は、RC1回戦敗退も13位から11位と順位は上がっている。

昨年末にアキレス腱断裂の大ケガを負った大林拓真(早稲田大)は、復帰戦となったRCでベスト8に進出して12位から9位に上昇。18位にランクインした野田統馬(日本体育大)など、上位に食い込んできた若手にも注目していきたい。

【女子シングルス】

女子シングルスのランキングはこちら

東京五輪出場を確実にしている奥原希望(太陽ホールディングス)と山口茜(再春館製薬所)が、それぞれ1位、2位をキープ。世界ランク20位の大堀彩(トナミ運輸)も変わらず3位に位置している。さらに、RC3位の髙橋明日香(ヨネックス)が4位につけ、準優勝の水井ひらり(NTT東日本/上写真)は6位から5位へと一つ順位を上げた。

RC優勝のベテラン、佐藤冴香(ヨネックス)が31位から15位とジャンプアップ。3位の川上紗恵奈(北都銀行)も、16位から8位と一気に上がってきた。B代表の下田菜都美(広島ガス)は、2回戦敗退に終わったものの11位から7位へ上昇。シード位置に入っていた齋藤栞(ACT SAIKYO)は1回戦敗退となり、5位から10位にランクを落としている。

高校卒1年目の髙橋美優(日本ユニシス)は14位から9位、郡司莉子(再春館製薬所)は18位から13位と順位を上げている。20位から16位となった池内萌絵(七十七銀行)、20位に食い込んできた内山智尋(再春館製薬所)など、女子シングルスも若手の台頭が光っている。

RC優勝の佐藤冴香は大幅なランクアップに成功

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2021/06/16

人気記事ランキング