【日本RC】男子ダブルス第1シードの小野寺&岡村が敗戦!大学生の武井&遠藤が金星奪取!<準々決勝結果>

5月31日、2021日本ランキングサーキット(埼玉・サイデン化学アリーナ)3日目は、各種目の準々決勝が行なわれた。国内トップクラスが出場している大会を、各種目ダイジェストでお届けする。

【男子シングルス】

第1シードの古賀穂(NTT東日本)は、1、2回戦を勢いよく勝ち上がってきた高橋洸士(トナミ運輸)を2-0で制しベスト4進出。第2シードの奈良岡功大(IMG/上写真)も大林拓真(早稲田大)を下して準決勝に勝ち上がっている。

このほか、準決勝に進んだのは日本B代表の下農走(トナミ運輸)と、元日本A代表の坂井一将(金沢学院クラブ)。下農は牧野桂大(日立情報通信エンジニアリング)との社会人対決を2-0で制し、坂井は大学生・緑川大輝(早稲田大)を15本9本に抑えて勝利を飾った。下農は古賀と、坂井は奈良岡と決勝進出をかけて激突する。

優勝候補の一角でもある下農は、牧野との第1ゲームの競り合いを切り抜けて勝利。準決勝進出を決めた

▼準々決勝(5月31日)

古賀穂(NTT東日本)②〔21−15、21−9〕0●高橋洸士(トナミ運輸)

下農走(トナミ運輸)②〔23−21、21−18〕0●牧野桂大(日立情報通信E)

坂井一将(金沢学院クラブ)②〔21−15、21−9〕0●緑川大輝(早稲田大)

奈良岡功大(IMG)②〔21−6、21−16〕0●大林拓真(早稲田大)

▼準決勝(6月1日)

古賀穂 – 下農走

坂井一将 – 奈良岡功大

【女子シングルス】

第1シードの山から準決勝に勝ち進んだのは、ヨネックスの髙橋明日香と佐藤冴香(上写真)。高橋は準々決勝で丸杉Bluvicの古川佳奈を10本9本に抑えて快勝。佐藤も七十七銀行の池内萌絵を2-0のストレートで退け、ベスト4入り。準決勝は高橋と佐藤の同チーム対決となった。

もう一方の山では、準々決勝でNTT東日本の水井ひらりと中静朱里が激突。ここは先輩の水井が13本11本で勝利をつかみ、準決勝の切符をゲット。日本B代表の川上紗恵奈(北都銀行)は、内山智尋(再春館製薬所)との勝負を4本10本に封じて準決勝へ。日本B代表の水井と川上が、決勝戦をかけて争う。

高校の先輩・後輩でもある水井と中静の勝負は、水井が貫禄を示して勝利

▼準々決勝(5月31日)

髙橋明日香(ヨネックス)②〔21−10、21−9〕0●古川佳奈(丸杉Bluvic)

佐藤冴香(ヨネックス)②〔21−17、21−16〕0●池内萌絵(七十七銀行)

水井ひらり(NTT東日本)②〔21−13、21−11〕0●中静朱里(NTT東日本)

川上紗恵奈(北都銀行)②〔21−4、21−10〕0●内山智尋(再春館製薬所)

▼準決勝(6月1日)

髙橋明日香 – 佐藤冴香

水井ひらり – 川上紗恵奈

【男子ダブルス】

日本B代表で第1シードの小野寺雅之/岡村洋輝(日本ユニシス)が準々決勝で敗退。シードペアから金星を奪ったのは、大学生の武井優太(上写真・後ろ)/遠藤彩斗(明治大)。第1ゲームを奪った後の第2ゲームこそ26-28で落としたが、ファイナルゲームは21-15で取り返して勝利。社会人ペアから貴重な勝利をもぎとった。武井/遠藤は、準決勝で金子真大/久保田友之祐(トナミ運輸)と対戦する。

反対の山では、井上拓斗/三橋健也(日本ユニシス)をファイナル勝負の末に退けた竹内義憲/松居圭一郎(日立情報通信エンジニアリング)がベスト4進出。同じく日立の高野将斗/玉手勝輝が、社会人&大学生ペアの山下恭平/緑川大輝(NTT東日本/早稲田大)を下して準決勝に勝ち進んだ。その準決勝は、日立の2ペアが決勝進出をかけて激突する。

日本B代表の金子真大(左)/久保田友之祐が2-0で勝利をつかみ準決勝に進出

▼準々決勝(5月31日)

武井優太/遠藤彩斗(明治大)②〔21−13、26−28、21−15〕1●小野寺雅之/岡村洋輝(日本ユニシス)

金子真大/久保田友之祐(トナミ運輸)②〔21−18、21−8〕0●本田尚人/大関修平(大同特殊鋼)

竹内義憲/松居圭一郎(日立情報通信E)②〔21−13、13−21、21−17〕1●井上拓斗/三橋健也(日本ユニシス)

高野将斗/玉手勝輝(日立情報通信E)②〔21−17、27−25〕0●山下恭平/緑川大輝(NTT東日本/早稲田大)

▼準決勝(6月1日)

武井/遠藤 − 金子/久保田

竹内/松居 – 高野/玉手

【女子ダブルス】

日本B代表の星千智/松田蒼、中西貴映(上写真・左)/岩永鈴(日本ユニシス)が準決勝に進出。星/松田、中西/岩永はともにファイナル勝負となったが、それぞれ接戦を切り抜けて上位進出を決めた。

反対の山では、丸杉Bluvicの川添麻依子/今井莉子、ヨネックスの宮浦玲奈/保原彩夏が4強入り。宮浦/保原は第2シードの柏原みき/加藤美幸(ACT SAIKYO)を14本20本で下して準決勝の切符を手にしている。

丸杉Bluvicの川添(右)/今井は準々決勝のファイナル勝負を制して4強進出

▼準々決勝(5月31日)

星千智/松田蒼(日本ユニシス)②〔21−16、17−21、21−18〕1●篠谷菜留/鈴木陽向(NTT東日本)

中西貴映/岩永鈴(日本ユニシス)②〔21−11、14−21、21−19〕1●小野菜保/福本真恵七(再春館製薬所)

川添麻依子/今井莉子(丸杉Bluvic)②〔21−6、9−21、21−16〕1●毛利未佳/重信萌夏(七十七銀行)

宮浦玲奈/保原彩夏(ヨネックス)②〔21−14、22−20〕0●柏原みき/加藤美幸(ACT SAIKYO)

▼準決勝(6月1日)

星/松田 – 中西/岩永

川添/今井 − 宮浦/保原

【混合ダブルス】

準々決勝が今大会で最初の試合となった第1シードの西川裕次郎/尾﨑沙織(NTT東日本/上写真右)は、鈴木大裕/河崎綾佳(東北マークス/七十七銀行)を2-0で退けて順当にベスト4入りを果たした。同じ日本代表の山下恭平/篠谷菜留(NTT東日本)、緑川大輝/齋藤夏(早稲田大/ACT SAIKYO)も4強に進出し、準決勝の残りのイスには日本ユニシスの岡村洋輝/星千智が座った。

準決勝は西川/尾﨑と岡村/星、山下/篠谷と緑川/齋藤が激突する。

緑川(左)/齋藤は2-0で勝利をつかみ4強入り

▼準々決勝(5月31日)

西川裕次郎/尾﨑沙織(NTT東日本)②〔21−16、21−11〕0●鈴木大裕/河崎綾佳(東北マークス/七十七銀行)

岡村洋輝/星千智(日本ユニシス)②〔21−15、21−18〕0●三橋健也/中西貴映(日本ユニシス)

緑川大輝/齋藤夏(早稲田大/ACT SAIKYO)②〔21−14、21−18〕0●荒井大輝/石橋麻美子(金沢学院クラブ/昭和電工マテリアルズ)

山下恭平/篠谷菜留(NTT東日本)②〔21−16、18−21、21−9〕1●浦井唯行/清水望(丸杉/昭和電工マテリアルズ)

▼準決勝(6月1日)

西川/尾﨑 − 岡村/星

緑川/齋藤 − 山下/篠谷

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2021/05/31

人気記事ランキング