【全英OP2021】前回覇者の福島&廣田と松本&永原が2強を形成!<女子ダブルス展望>

3月17日から21日までBWFワールドツアー・ヨネックス全英OP(イングランド・バーミンガム/Super1000)が開催される。この1年間、新型コロナの影響で多くの大会が中止、延期となる中、昨年に続き大会を開催。格式高い全英OPは、今回で111回目を迎える。ここでは、世界トップの誰もが憧れる全英OP各種目の展望を紹介。第4回は女子ダブルスにクローズアップする。

2020年のダイジェストは こちら

全英オープン2021の放送情報はこちら(バナーをクリックすると移動します)

世界ランク上位の中国、韓国ペアが不在の中、優勝候補筆頭に挙げられるのは福島由紀/廣田彩花(上写真・右)、松本麻佑/永原和可那の2ペアだ。昨年10月のデンマークOP(Super750)では2ペアが決勝を争い、ここで福島/廣田が頂点に立った。1月のタイOP2大会、WTファイナルズ2020には参戦できなかったが、実力的にこの2ペアが抜きん出ているのは間違いない。

この2ペアを追走するのは、インドネシアのポリイ(上写真・右)/ラハユ。1月のヨネックスタイOPで優勝を飾り、続くトヨタタイOPでもベスト4の成績を残した。ねばり強いプレーも健在なだけに、国際大会から遠ざかっている日本の2トップには怖い存在となりそうだ。

このほかには、3月のスイスOP(Super300)準優勝のG・ストエワ/S・ストエワ(ブルガリア)や、タイのジョンコパン/ラウィンダなども侮れない。日本の3、4番手である志田千陽/松山奈未と櫻本絢子/髙畑祐紀子は1回戦で激突する組み合わせとなっているが、ここを勝ち抜けば上位進出の可能性も高まりそうだ。

【日本選手1回戦の対戦相手】

福島由紀(奥)/廣田彩花(WR1位)
1回戦:ハートリッチ/エフラー(ドイツ)

昨年に続く全英OP制覇をめざす福島/廣田は、1回戦でドイツの1番手ペアと対戦する。福島/廣田にとっては格下となる相手。初戦で弾みをつける勝利をしっかりつかみ、そのまま決勝まで突き進みたい。福島/廣田が順調に勝ち上がれば、準々決勝でポリイ/ラハユ、またはストエワ姉妹との勝負が予想される。

松本麻佑(右)/永原和可那(WR3位)
1回戦:ソロー/フィンイプセン(デンマーク)

初出場だった2018年にベスト4、翌19年は決勝に進出するなど、松本/永原にとっては相性のよい全英OP。今回は中国、韓国ペアがいないため、主にヨーロッパのペアを中心に戦うことになる。組み合わせを見ると、世界ランク的にも下位のペアが多い山のため、実力通りの戦いができれば準決勝までは順当に勝ち上がることができそうだ。その準決勝では、日本の櫻本/髙畑VS志田/松山の勝者や、ジョンコパン/ラウィンダ、またはスイスOP優勝のタン/ムラリタラン(マレーシア)などが勝ち上がってくるか。

志田千陽(左)/松山奈未(12位)

櫻本絢子(右)/髙畑祐紀子(19位)

昨年末の全日本総合でも激突した2ペアが、全英の舞台で再戦。総合では櫻本/髙畑が勝利を飾りベスト4進出を決めたが、志田/松山も当然、そのリベンジをねらっているだろう。勝てば2回戦はエストニアとデンマークペアの勝者と対戦。組み合わせを見れば比較的勝ち上がりやす相手が多いだけに、大きな山場となる1回戦の直接対決を制して、松本/永原が待つであろう準決勝まで勝ち進みたい。

【全英選手権】

1899年に第1回大会をロンドンで開催。当初は男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルスの3種目で行なわれた(翌年から男女シングルスも実施)。バドミントンの国際大会としては、最も古い歴史を持つオープントーナメントとして知られている。

1977年に世界選手権が開催される以前は、世界の頂点を決める大会として世界のトップ選手が出場し、多くの名勝負を繰り広げてきた。

日本選手は1960〜70年代にかけて、女子シングルスに出場した高木紀子、湯木博恵、竹中悦子などが優勝。女子ダブルスでも相沢マチ子/竹中悦子、徳田敦子/高田幹子などが頂点に立っている。最近では2016年に女子シングルスの奥原希望、女子ダブルスの髙橋礼華/松友美佐紀が単複W制覇を遂げたほか、2018年は混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗が、同種目日本勢初の優勝。2019年は男子シングルスの桃田賢斗が同種目初優勝を遂げ、2020年は男子ダブルスの遠藤大由/渡辺勇大、女子ダブルスの福島由紀/廣田彩花が頂点に立っている。※選手名は当時

【注意】
記事内の展望は3月3日時点でのエントリー状況などから作成しています。海外選手など欠場している場合がありますのでご了承ください。

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2021/03/16

人気記事ランキング