【バドマガ連載】相手ショットの予測術「さきよみっ!!」第5回動画<ダブルスで相手のつなぎ球を予測する!>

予測を生かして、試合の中で相手の先手を取っていく方法について紹介しているバドミントン・マガジン連載「さきよみっ!!」。連載第5回は、ラリー中に意外と多い、「相手のつなぎ球」を予測するポイントを紹介します。

シチュエーションとしては、ダブルスで、自分たちが相手を左右に振った場面からの相手リターン。

相手を追い込んでいるにもかかわらず、次の展開を予測しきれずに、チャンスをふいにしているペアも多いはず。動画では、相手がつなぎ球を打つ状況をまとめています。「ロブが来るかも…」と考えると、なかなか前に詰めることができないプレーヤーも多いようですが、相手がこんな状況なら、次に打つショットは「つなぎ球」と考えてOK。ぜひ積極的に前に詰めて、攻撃しましょう。

予測の際の、より具体的なポイントなどはバドミントン・マガジン3月号でチェックしてください!

動画撮影/黒崎雅久 動画編集/熊谷修治

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2021/03/01
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング