【小学生フェスティバル】新潟県勢が躍動! 山城政人、品田&植木が逆転で決勝制す!<男子個人6年生以下>

全国小学生選手権の代替大会として開催されている日本小学生バドミントンフェスティバル INくまがや(埼玉県・彩の国くまがやドーム)。大会最終日の8日は、5年生以下の準決勝と決勝、6年生以下の3回戦(男子ダブルスのみ2回戦)から決勝が行なわれた。ここでは、6年生以下男子シングルス・ダブルスの優勝者コメントと結果を紹介する。

【6年生以下・男子シングルス】

★Vコメント

山城政人(佐渡ジュニア・新潟)

「前回の全小は3位。準決勝で焦ってしまったので、今回は焦らないことを意識しました。決勝は1ゲーム目を取られたけど、2、3ゲーム目はミスを減らしていけたのがよかったです。これからもっと攻撃を磨いて、全中でも優勝したいです」

4年生の時に全小を制した山城が頂点到達。得意のネット前のプレーや長身を生かした上からのショットで得点を重ねた
前回の全小を制した山脇弘奨(はりーあっぷ・愛知)は持ち前のねばり強さを随所で発揮したが、あと一歩優勝に届かなかった

■結果(8日)※各種目の準々決勝以上の結果を掲載

▼準々決勝

山脇弘奨(はりーあっぷ・愛知)②〔21-9、19-21、21-10〕1●木山凜空(出水南ジュニア・熊本)

増田 遥(SJBC・兵庫)②〔21-7、21-9〕0●阿部煌太(南城小育成会・岩手)

山城政人(佐渡ジュニア・新潟)②〔21-9、21-8〕0●岩佐悠希(木太南・香川)

齊藤優楽(仙台大和ジュニア・宮城)②〔21-18、21-18〕0●眞砂佑澄(まなクラブ・兵庫)

▼準決勝

山脇弘奨②〔21-19、21-16〕0●増田 遥

山城政人②〔21-8、21-8〕0●齊藤優楽

▼決勝

山城政人②〔19-21、21-11、21-13〕1●山脇弘奨

【6年生以下・男子ダブルス】

★Vコメント

品田莉希(右)/植木伸弥(柏崎ジュニア・新潟)

品田「決勝は1ゲーム目を取られたけど、逆転して勝ててうれしいです。2ゲーム目から相手のショットがわかるようになってきて、そこからラリーを組み立てることができました。今後の目標は全中で優勝することです」

植木「前回の全小は初戦で負けたので、優勝できてうれしいです。自分のやりたいことがうまくできて、それが通用したかなと思います。中学では全中で優勝したいので、これからもっと実力を高めていきたいです」

アタック力が光るサウスポーペア・品田(左)/植木が優勝を決めてガッツポーズ。初戦敗退を喫した前回の全小から頂点へと大きく飛躍した
九州チャンピオンの德重瓢(左)/山﨑琉生(多久スポーツピア・佐賀)が準優勝。準々決勝から2-1を重ねて決勝まで勝ち上がった

■結果(8日)

▼準々決勝

品田莉希/植木伸弥(柏崎ジュニア・新潟)②〔21-16、21-16〕0●江藤友哉/堀内暁仁(ブライアンズF・熊本)

因藤将夢/三浦壮太(はりーあっぷ・愛知)②〔21-15、21-16〕0●椎名洸介/笹島悠瑚(三郷ダックス・埼玉)

德重 瓢/山﨑琉生(多久スポーツピア・佐賀)②〔13-21、21-17、21-17〕1●湯浅敦貴/細見一平(長岡京市スポ少・京都)

奥村啓太/東海林亮汰(北光少年団・北北海道)②〔24-22、17-21、24-22〕1●野口馳矢/和川竜也(Selfish・神奈川)

▼準決勝

品田莉希/植木伸弥②〔21-18、21-18〕0●因藤将夢/三浦壮太

德重 瓢/山﨑琉生②〔21-15、19-21、21-13〕1●奥村啓太/東海林亮汰

▼決勝

品田莉希/植木伸弥②〔13-21、21-19、21-19〕1●德重 瓢/山﨑琉生

 

★全国小学生選手権の熱戦の模様は、1月22日(金)発売予定の『バドミントン・マガジン』2月号でも紹介します! ぜひチェックしてください!

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/黒崎雅久

 


投稿日:2021/01/09
■関連キーワード

               

人気記事ランキング