【小学生フェスティバル】田沢めいな、眞泉&近藤が優勝をつかむ!<女子個人4年生以下>

全国小学生選手権の代替大会として開催されている日本小学生バドミントンフェスティバル INくまがや(埼玉県・彩の国くまがやドーム)。大会2日目の7日は、5・6年生以下の男女シングルス・ダブルスの試合がスタート。4年生以下の各種目は準決勝と決勝が行なわれた。ここでは、4年生以下女子シングルス・ダブルスの優勝者コメントと結果を紹介する。

【4年生以下・女子シングルス】

★Vコメント

田沢めいな(所沢ジュニア・埼玉)

「決勝の相手は自分より身長が高かったから、なるべくクリアーとかを高く打つことを意識しました。目標が優勝だったのでうれしいです。あこがれの選手は奥原希望選手(太陽ホールディングス)です。自分みたいに身長が高くなくても、頑張っているところがすごいなと思います。次はABC大会に出て優勝したいです」

■結果(7日)

▼準決勝

田沢めいな(所沢ジュニア・埼玉)②〔21-7、21-4〕0●高田万智(石ヶ瀬・愛知)

板橋ゆい(SJC・宮城)②〔21-15、21-5〕0●橋爪藍莉(鶴ヶ島Angels・埼玉)

▼決勝

田沢めいな②〔21-8、21-19〕0●板橋ゆい

優勝をつかんだ田沢
準優勝を果たした板橋

【4年生以下・女子ダブルス】

★Vコメント

眞泉果央(右)/近藤愛未(久御山・京都)

眞泉「優勝できてうれしいです。すごく楽しく試合ができました。愛未ちゃんのスマッシュが速いから、そこから前に詰めて決めたりできたのがよかったと思います。私たちは近畿予選で3位だったから、次は近畿でも優勝して、また全国大会で優勝できるように頑張ります!」

近藤「組んで1年くらいだけど、中学生とかチームのみんなに相手をしてもらったおかげで強くなれました。近畿予選は3位だったので、自分でも信じられへんほどうれしいです。私がスマッシュを打ったら、果央ちゃんが前で決めてくれるから助かりました。楽しかったです!」

■結果(7日)

▼準決勝

益満小蘭/水原七菜(海老津ジュニア・福岡)②〔21-13、21-17〕0●清水このは/白川 倖(岐南ジュニアBC・岐阜)

眞泉果央/近藤愛未(久御山・京都)②〔21-14、21-16〕0●金城芙羽子/平良優奈(糸満ジュニア・沖縄)

▼決勝

眞泉果央/近藤愛未②〔21-15、18-21、21-13〕1●益満小蘭/水原七菜

接戦を制して優勝をつかみ取った眞泉(奥)/近藤
準優勝の益満(左)/水原

★全国小学生選手権の熱戦の模様は、1月22日(金)発売予定の『バドミントン・マガジン』2月号でも紹介します! ぜひチェックしてください!

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳


投稿日:2021/01/07
■関連キーワード

               

人気記事ランキング