【全日本総合2020】福島&廣田が女王に返り咲き!2年ぶり3回目のV達成!<決勝戦ダイジェスト-4>

12月27日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)最終日、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの決勝戦が行なわれた。ここでは、女子ダブルスの決勝戦ダイジェストをお伝えする。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

【女子ダブルス】

女子ダブルスの決勝戦は、昨年と同じく松本麻佑/永原和可那(北都銀行)と福島由紀(上写真・奥)/廣田彩花(丸杉Bluvic)の対戦。2ペアの対戦は、10月に行なわれたデンマークOP決勝以来で、この時は福島/廣田が松本/永原を破って優勝を果たしている。ともに世界トップランカーであり、実力は拮抗。日本一をかけて争う総合の舞台で、どちらが攻めの姿勢を貫けるかが勝負のポイントだった。

試合が始まると、お互いの長所がポイントにつながる。前回優勝の松本/永原が長身からのアタックで攻め込めば、福島/廣田は堅い守備からリズムを作って得点を奪う。スコアは10オール。だが、今大会は「シャトルが飛ばない」という声も多く、長いラリーが増えると少しずつ福島/廣田のペースになっていく。「相手のレシーブが堅く、1ゲーム目は攻めすぎた」とは松本。中盤以降はレシーブから攻撃につなげた福島/廣田が7連続ポイントで突き放し、21-17で先制した。

第2ゲーム前半こそ松本/永原(上写真・左)の攻撃がポイントにつながっていたが、後半は疲れが見える2人のスピードがダウン。逆に11-9から連続攻撃を仕掛けたのが福島/廣田だ。「廣田が積極的に攻撃をしていった」と福島が言えば、「自分たちの攻撃が相手にプレッシャーとなっていた」と廣田。ディフェンス面での評価が高い福島/廣田だが、後半は福島が、相手のお株を奪う強烈なスマッシュで押し込む。17-12から一気に4連続得点を奪った福島/廣田が優勝。昨年のリベンジを果たし、2年ぶりに女王の座に返り咲いた。

▼決勝

福島由紀/廣田彩花(丸杉Bluvic)②〔21-17、21-12〕0●松本麻佑/永原和可那(北都銀行)

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/28

人気記事ランキング