【全日本総合2020】「いいところまでいけたぶん、悔しい気持ちが大きい」(常山)決勝/選手コメント-3

12月27日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)最終日は、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの決勝戦が行なわれた。ここでは、男子シングルスで準優勝となった常山幹太のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

常山幹太
(トナミ運輸)

決勝結果:桃田賢斗(NTT東日本)に1-2で敗戦

試合を終えて正直な感想は……めちゃくちゃ疲れました。(会見時の)今も、ずっと息が上がりっぱなしです。最初、いいところまでいけたんですけど、相手が(スピードを)上げてくるのはわかっていて、どうしても受け身になってしまった。こちらの足が終盤は止まってしまって、最後、スマッシュをいいコースに決められて……いいところまでいけたぶん、悔しい気持ちが大きいです。

(どこが勝負を分けたか)最後の、競った場面でのスピードの上げ方ですね。17オールまでいけたけど、そこから自分はギアを上げようとしても上がらなかった。でも桃田選手は、それでも上げてきた。そのスタミナや、ロブの精度、つなぎのクオリティの高さが僕との差だと思います。

長い試合になると思っていて、その中で自分からミスしないようにして、チャンスがあれば攻めていく、守るときはしっかり守るイメージで入ったのですが……最後、いいところで楽な1点を与えてしまったなというのを感じています。

今回は桃田選手に絶対に勝ってやろうという気持ちでした。結果は負けちゃったんですけど、もう1回やってもまた、今以上の気持ちで戦える気がしています。来月からはワールドツアーが再開される予定なので、そこでまた、今回の結果を振り返って、いいところを継続して、悪いところを修正して頑張りたいです。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/27
■関連キーワード

            

人気記事ランキング