【全日本総合2020】混合ダブルス・渡辺勇大&東野有紗 優勝コメント

渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)②〔21-11、21-9〕0●金子祐樹/松友美佐紀(日本ユニシス)

※4年連続4回目の優勝

渡辺 この大会を開催するにあたって協力していただいた方々に感謝したい。今大会は4連覇を強く意識していたわけではありません。連覇はいつか途切れるものだけど、ベストな状態でいる限りは続けていきたいと思っています。まだオリンピックが開催されると決まってはいませんが、そこで金メダルを取ることが目標です。試合も再開されていくと思うので、先を見すぎずに1試合ずつベストな状態で臨んでいきたいと思います。

東野 4連覇に挑戦する気持ちで、2人で今大会に臨みました。この大会が開催されるまでは、試合がなかったこともって、2人で楽しんで乗り越えようと話していたので、本当にうれしいです。試合前は本当にすごく緊張していてましたし、(松友とは)女子ダブルスでも大会であたることがなかったので本当に楽しみでした。このような状況のなかで大会を開催してもらっているので、これからも1試合1試合を噛みしめて、2人で楽しんで頑張っていきたいです。

取材・構成/吉井信行

投稿日:2020/12/27
■関連キーワード

               

人気記事ランキング