【全日本総合2020】王者・渡辺&東野と頂点を争うのは新ペアの金子&松友!<準決勝ダイジェスト-5>

12月26日に開催された第74回全日本総合(東京・町田市立総合体育館)5日目は、5種目の準決勝が行なわれた。ここでは、混合ダブルスのダイジェストを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

【混合ダブルス】

日本の混合ダブルスの第一人者、渡辺勇大(上写真・手前)/東野有紗(日本ユニシス)に準決勝で挑んだのは、B代表の山下恭平/篠谷菜留(日本体育大/NTT東日本)。前日には保木卓朗/松山奈未(トナミ運輸/再春館製薬所)を退け、B代表での成長を示した2人が、最強ペアに立ち向かった。

前半、先に7-2と抜け出したのは渡辺/東野だったが、ここから山下/篠谷が連続得点で追い上げて13-8と逆転に成功。男子ダブルスからの連戦となった渡辺が「試合に入ってみて疲れを感じた」というように、動きに精細を欠いた面もあった。それでも、「勝負所で先輩が沈めてくれた」と、前衛の東野がカバー。後半に6連続得点を奪った渡辺/東野が逆転に成功すると、そのまま接戦となった第1ゲームを22-20で制した。

第2ゲームに入っても、お互いに連続得点を取り合う大味な展開は変わらない。前日に右足首をひねったという篠谷(上写真・右)だが、山下とともに果敢に攻め込むと、スコアは6オール、11オールと拮抗して進む。すると、11オールから3連続得点を奪った山下/篠谷がリード。流れを引き寄せたかに見えた。が、「長いラリーをした後のサービス場面で簡単なミスをしてしまった」と篠谷。リズムが崩れた瞬間を見逃さなかった渡辺/東野が15オールに持ち込むと、そこから大量得点で21-15。一気に勝負をつけた渡辺/東野が4連覇に王手をかけた。

混合ダブルスのもう1試合は、今季からペアを組んだ金子祐樹/松友美佐紀(日本ユニシス)と、昨年の総合で準優勝を飾り代表入りを果たした西川裕次郎/尾﨑沙織(NTT東日本)。どちらも負けられない勝負は、経験が豊富な金子/松友が上回った。

第1ゲーム、先行したのは金子/松友。一時は西川/尾﨑に13オールとされたものの、その後はリードを許さないまま21-15。プレッシャーをかける。すると、第2ゲームに入っても金子/松友のぺースは変わらなかった。「簡単なミスで点差が一気に離されてしまったのが、もったいなかった」と西川。A代表時代は国際大会にも出場していた金子/松友が、7-0、12-5、16-11と安全圏をキープしながら試合を進めると、最後もそのまま押し切って21-14で勝利。「今日はやっと気持ちと体がかみ合った。試合を通していいプレーを出し続けられたと思います」と振り返った金子。若手ペアをしっかり退けたベテランペアが、王者・渡辺/東野との勝負に挑む。

▼準決勝

渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)②〔21-19、21-15〕0●山下恭平/篠谷菜留(日本体育大/NTT東日本)

金子祐樹/松友美佐紀(日本ユニシス)②〔21-15、21-10〕0●西川裕次郎/尾﨑沙織(NTT東日本)

▼決勝

渡辺勇大/東野有紗 − 金子祐樹/松友美佐紀

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2020/12/26

人気記事ランキング