【全日本総合2020】「試合に入って疲れていると感じ、自分でも少しビックリしている」(渡辺)準決勝/選手コメント-7

12月26日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)5日目は、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの準決勝が行なわれている。ここでは、混合ダブルスを戦ったペアのコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

渡辺勇大/東野有紗(右)
(日本ユニシス)

準決勝結果:山下恭平/篠谷菜留(日本体育大/NTT東日本)に2-0で勝利

渡辺 今日は勝負所で先輩が沈めてくれて、僕がいい体勢で打てる攻撃の場面がすごく多かったので、そこは作戦通りです。もう少し僕の足が動いていれば、中盤以降に長い間、攻撃できれば一番よかったかなと思いますけど、とりあえず勝てたのがよかったです。

(疲れは久しぶりの連戦から?)そうですね。試合に入ってみて疲れているなと感じたので、自分でも少しビックリしているんですけど、勝ち切れましたし、残り2試合で休みに入れるので、たくさんおもちを食べられるように頑張ります(笑)。(金子/松友は)練習をしていて強いペアだと実感しています。個々の力ではなかなか勝負できないと思うので、コンビネーションの部分を試合のなかでどうやって生かしていくか。そこが明日は大事だと思っています。

東野 準決勝の1、2ゲームは、接戦になる場面がすごく多かった。最終的には後半に2人で話し合った結果が、15オールくらいから差として出たと思います。話し合ったことがやれてよかったです。自分は、前衛でどれだけ沈められるかを意識しています。ただ、終盤になるにつれて怖がってしまう部分が多くなるので、そこを怖がらずに、前で落として勇大くんに打ってもらう展開にしようとは心がけていました。(決勝で対戦する)松友選手は、練習でも一緒にやっていて、スピードも速いし、前のクオリティもすごく高い。明日はそこで自分が負けずに、松友さんの前でのプレーを止められるようにやっていきたいと思います。

山下恭平/篠谷菜留(右)
(日本体育大/NTT東日本)

準決勝結果:渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)に0-2で敗退

山下 去年の準々決勝で対戦して、全然点を取れなかったんです。今回は勝負ができて、ラリーにもなったかなと思います。ただ、終盤のお互いに点が欲しい時に、相手の方が上手だった。そういうところを今後、学べていけたらなと思います。今日はシャトルが飛ばなかったので、相手の持ち味のスピードがいつもよりは出ていなかったというのも、ラリーになった要因かなと。飛ばないシャトル、飛ぶシャトルにかかわらず、しっかり点数がとれるようにならないといけないですね。

今年はNTT東日本に練習に行かせてもらうことが去年よりも多くなって、組む時間が長いので、2人の穴とかは去年よりは少なくなったかなと思います。今後の目標としては海外でも結果を残せるようにしたいです。

篠谷 昨日、右足首をひねったのですが、試合をやりたい気持ちがあって、一晩ケアをして「やれる」と思ったので、試合に入ることを決めました。去年のベスト4決めで同じ相手とやった時に、相手にならなくて。ラリーにもならない状態だったのですが、今回はここまで2試合を経て自信を持って入れました。そのぶん、緊張や意識しすぎて硬くなってしまったのですが、途中でふっきれて、出しきることだけを考えてがむしゃらにやっていけました。

終盤一気にいかれたのは、長いラリーをしたあとに、サービス場面で簡単なミスをしてしまったから。自分たちの形としては長いラリーをしないと点数が入ってこないのに、変にねらいすぎたり、サービス場面で負けてしまった。そこは改善する部分ですが、そこまでねばりきれた、食らいつけたというのは、この1年間やってきたことを出せたのかなと思います。去年はダブルスをやっていたぶん、疲れもあって足も動かなかったのですが、今回は動ききることを目標にやってきた。練習の中で、動く場所や動き方などコンビネーションを話しながらやってきたので、迷いなく動き続けられました。

国内では今の順位を最低限出せるようにして、また、自分たちが出場できる海外の大会で高いポイントを取れる位置に入っていけるようにしたいです。実績をつくって、海外のトップ選手とやれる機会をつくっていけたらいいのかなと思います。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2020/12/26

人気記事ランキング