【全日本総合2020】「1日でも長くコートに立ちたい、1本でも多くラリーをしたいと思っていた」(下田)25日/選手コメント-11

12月25日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)4日目は5種目の準々決勝が行なわれた。ここでは、女子シングルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

下田菜都美
(広島ガス)

準々決勝結果:髙橋明日香(ヨネックス)に2-1で勝利

相手はショットの質が高く、攻撃力もある。それを3ゲーム目のはじめに感じてしまいましたが、そこから追い上げたのは気持ちです。「こうなってしまったら自分の100パーセントを出すしかない」と思って、気持ちを切り替えた結果、勝つことができました。

今までの私は勝負所のミスが多くて、メンタルの弱さがありましたが、その自分が嫌で、自分を超えたいと思ってプレーしました。昨日は大堀さん、今日は髙橋さんに勝ちましたが、全体面を見るとまだまだ。でも、まだまだだからこそ、思いきりできる立場でもあるので。そこは弱い自分を認めて、楽しもうと思いました。

明日は茜ちゃんとできるので、本当にうれしいし、体はなんとかなってくれると思います(笑)。練習試合はやったことがあるんですけど、公式戦は初めて。今の自分の何の球が効くのか、どこまで通用するのか、試したいと思います。茜ちゃんは技術、フェイントがすごくて、相手のあっと驚くところに打ったりすることが多いと思うので、そこを自分が予測して動くより、少し待って相手の打つところをしっかり見てから動いていきたいと思います。

ベスト4の実感は全然ありません。1日でも長くコートに立ちたい、1本でも多くラリーをしたいと思っていたので、また明日ここで試合ができると思うと、すごく楽しみです。

髙橋明日香
(ヨネックス)

準々決勝結果:下田菜都美(広島ガス)に1-2で敗戦

1ゲーム目は取って取られての展開の中でも、我慢して慌てず自分のプレーが出せました。でも、2ゲーム目以降は相手が自分の球に慣れてきて、ねばられることが多くなった。そこで自分が我慢できずに決め急いでしまったり、長いラリーの中で先にミスをして相手に流れを渡したところがダメだったと思います。

この1年は、我慢をテーマにやってきたのですが……。もっとしぶとくつないで、チャンスを待ったり、相手のミスを誘えたらよかったです。自分のダメな部分が出てしまった。今後も課題として取り組まないといけないです。細かい部分の課題もたくさんあるので、また一からスタートして、もっと強くなれるように頑張りたいです。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/26

人気記事ランキング