【全日本総合2020】「どのペアも挑戦者で向かってくる気持ちをひしひしと感じている」(福島)25日/選手コメント-10

12月25日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)4日目は5種目の準々決勝が行なわれた。ここでは、女子ダブルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

福島由紀&廣田彩花
(丸杉Bluvic)

準々決勝結果:中西貴映/岩永鈴(日本ユニシス)に2-1で勝利

福島 あまりよくない試合でしたが、後半になるにつれて廣田が声をかけてくれたり、プレーでも助けられました。相手は初対戦、手足が長くて独特のプレーをし、タイミングもちょっと違うよな、という印象でした。

自分たちが若いころにそうだったように、どのペアも挑戦者として向かってくる気持ちをひしひしと感じます。ここまでは2人のいいプレーがあまり出せていないですね。残り試合は、手の内を知っている相手になるので、まず我慢が大事。そして、要所要所で相手のいないところをついていければと思います。(もし、バドミントンのアイテムをクリスマスプレゼントにもらえるとしたら?) パワー、ですかね(笑)。

廣田 試合の入り方だったり、プレーの迷いだったり、反省点の多いゲームでした。チャンスがくるまでしっかり我慢するようにしてはいたんですが。何を打ってもとってやるという相手の気持ちが伝わってきた分、打つときに迷ってしまって……。長い試合で苦しい部分もありましたが、なんとか声をかけ合ってパートナーを信じ、自分を信じてプレーしました。今日苦しい試合をやったので、明日から気持ち的には少し楽になるのでは……。

中西貴映/岩永鈴
(日本ユニシス)

準々決勝結果:福島由紀/廣田彩花に1-2で敗戦

中西 今大会を迎えるにあたって、直前にケガをしてしまって、相手に対してというより、自分たちがここまでできると思っていなかった部分があって……。試合ができたことをよかったと思っていましたが、落ち着いたら、悔しさが出てきました。最後、簡単なミスで負けたので。もうひと頑張りできたら、相手にかかるプレッシャーも大きかったと思います。

初めての対戦で、相手がちょっと嫌がっていたと思います。これがそのまま実力の差というわけではなく、次にやった時にどこまでできるかがすごく大切。これを自信にしながらも、次にやる時にもっと追い込んだりして、簡単ではないと思いますが、いずれ勝っていけるようにもっと頑張ります。

岩永 思ったよりもラリーが続けられたし、レシーブも安定していました。そこは今まで自信がなかったところなので、自信にしたいなと思います。練習よりも落ち着いてゲームをつくっていけたかなと思うので、今日のデキは80点くらい。格上の選手とやって競ることはできたけど、負けてしまったので、来年はそこで競り勝てるようにもっと強くなりたいです。

星千智/松田蒼
(日本ユニシス)

準々決勝結果:米元小春/田中志穂(北都銀行)に1-2で敗戦

 昨日は勝たなきゃいけない試合でしたが、今日は思いきってやる立場。相手は私たちより経験があって、こちらがやりたいことをさせないようにしてきたのですが、その中でも、自分たちのプレーを出せたのはよかったかなと思います。ただ終盤は、相手は気持ちも強くて、なおかつ冷静。自分たちは気持ちで勝ちにいくしかないという状況でした。

去年と同じベスト8ですが、自分たちのパフォーマンスは去年より上がっていると思います。ここまでできたという気持ちもあるし、ここで負けていたらダメだという気持ちもあります。もう一回、次は本当に優勝をめざして2人で頑張りたいです。

松田 ファイナルゲームの競った場面は、お互いに“自分たちならできるよ”と言いながらやっていたんですけど……私たちは、こういった緊張した場面の経験がなくて。そういう部分では、相手のほうが経験があったと思うので、最後に自分たちが勝ちきれなかったのがすごく悔しいです。でも、去年の準々決勝よりレベルアップしていることを感じたので、来年は優勝を目標にして、2人でまた頑張ります。

取材・構成/楊順行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/25
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング