【全日本総合2020】「相手より先にリズムをつかむことができた」(奥原)25日/選手コメント-8

12月25日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)4日目は5種目の準々決勝が行なわれた。ここでは、女子シングルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

奥原希望
(太陽ホールディングス)

準々決勝結果:齋藤栞(ACT SAIKYO)に2-0で勝利

初めての対戦です。後ろからのショットのリズムが独特だと聞いていましたが、相手より先にリズムをつかむことができ、終始自分優勢で試合ができました。前に落とすショットがよく決まったのは特に意図したことではなく、相手が徐々にプレッシャーを感じてくれたからかもしれません。

今日はすんなりいきましたが、明日以降はラリーがよりスピーディーに、より長くなるので覚悟していきたい。リオ五輪後から取り組んできた上からのショットにはキレが出てきたと思うし、もともとの強みであるディフェンスもあまり崩れていません。デンマークOPまでは、攻撃的な展開に持っていくためにフットワークの質を上げたいと、フィジカル面の強化に取り組んでいました。そうやって十分に練習時間を重ねましたし、デンマークはいままでにないスペシャルなコンディションで臨めたので、まったく不安がなかった。ですから決勝まで全然疲れもなく、結果はついてきてくれるという自信がありました。そのときのコンディションまではいっていませんが、毎日の状態でできるベストを尽くしたいと思います。

齋藤栞
(ACT SAIKYO)

準々決勝結果:奥原希望に0-2で敗戦

自分の得意な上からの球で崩したいと思っていたのですが…なかなか崩れてくれなかったです。ラリーしてラリーして、やっと崩れるという感覚。スピードが速いので、先に揺さぶられてしまいました。この一年、フットワークを意識して取り組んできて、少しはスピードが上がってきたけれど、それでも全然足りなかったです。

ただ、これまで2回戦の壁が厚かったので、ベスト8という結果は素直にうれしい。壁を破れたことが、今大会の一番の収穫だと思います。今後はもっとスピードを上げていくことを課題として、もっともっと上をめざして頑張っていきたいです。

取材・構成/楊順行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/25
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング