【全日本総合2020】「チャンピオン相手に自分らしさを出して攻めていきたい」(齋藤)25日/選手コメント-1

12月25日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)4日目は5種目の準々決勝が行なわれた。ここでは、男子ダブルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

古賀輝(左)/齋藤太一
(NTT東日本)

準々決勝結果:岡村洋輝/小野寺雅之(日本ユニシス/早稲田大)に2-0で勝利

齋藤 昨日、接戦を勝ち上がったぶん、競った場面でも少し落ちつけました。自分たちのプレーを見失わずにいけたのがよかったです。今日までの試合は、自分の中で気持ちもプレーも守りに入っていた部分があり、自分のよさであるガツガツいくプレーができていなかったです。明日は昨年のチャンピオン(遠藤/渡辺)が相手。自分らしさを出して、攻めていけたらと思います。

古賀 今季はチームでの練習が増えて、ローテーションの練習を積んできました。その成果がベスト4入りにつながったと思います。明日は、自分たちがしっかり攻めたり守ったりできれば1ゲーム取れるチャンスはあると思うので、力を出しきりたいです。

遠藤大由/渡辺勇大
(日本ユニシス)

準々決勝結果:竹内義憲/松居圭一郎(日立情報通信エンジニアリング)に2-0で勝利

遠藤 (今日の相手は)一撃がある選手ですし、ドライブから詰めるのがとても速いペアなので、高さだけだとやられてしまう。そこで、低いロブなどを使っていこうと思っていました。序盤は足も動かずに、ただ上げているだけになりましたけど、2ゲーム目は修正できて、うまくいったんじゃないかと思います。

(現在の状態は)まだチャンスボールなどで詰め切れない場面がたくさんありましたし、明日以降はそういうのが命取りになるので、どうにかしたい。この2試合がちょっとデキすぎだと思っているので、明日以降はうまくいかないと思ってプレーした方がいいかなと思っています。

渡辺 1ゲーム目の出だしは足があまり動いていなかったのですが、後半になるにつれて、相手の癖とかストロングポイントがはっきりわかったので、決められないように工夫してラリーできたのが結果につながったと思います。頭では理解しても、実際に(相手の)球を受けてみてイメージと少し差があったので、いいところに決められたり、足が動かなかったりということがありました。でも、段々とアジャストしてきたので、後半からはしっかり対応できたと思います。状態も上がってきているので、あとは疲労などを取り除いて、またベストに近い状態で明日を迎えられればいいかなと思っています。

取材・構成/吉井信行、バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2020/12/25

人気記事ランキング