【全日本総合2020】「ベテランとしてではなく挑戦者として戦いたい」(佐藤冴)25日/選手コメント-5

12月25日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)4日目は5種目の準々決勝が行なわれた。ここでは、女子シングルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

佐藤冴香
(ヨネックス)

準々決勝結果:川上紗恵奈(北都銀行)に2-1で勝利

相手の選手は若く、これから日本を担っていく選手。ねばり強い選手というイメージはあったので、それに対して自分がねばり負けないようにと思って試合に入りました。こういう展開になるのはわかっていたので、しぶとくいけたと思います。

勝ち負けよりも自分が一本一本集中して(力を)出しきろうと。先を見ずに、点差を気にすることなくプレーができた。そういう意味で、精神的な面で成長したのかなと思います。練習はちゃんとしてきたのですが、予想以上の結果です。プレーとしては練習の半分ちょっとしか出せていませんが、気持ちの面で自分が成長できた1年なのかなと思います。まさかベスト4までいけるとは思わなかったので、率直にうれしいです。

私が優勝というのはおこがましいので、1回戦から言ってきたように、まずは1戦1戦という気持ちです。明日は奥原選手と対戦できる。なかなかやるチャンスはないと思うので、挑戦者の気持ちで、向かっていけたらなと思います。プレッシャーはないので、自分のプレーを出し切りたい。

実は、試合前に「奥原さんと当たりたいです」と本人にメールしてたんです(笑)。相手は世界のトップレベルなので、そこは胸を借りるつもりで、ベテランとしてではなく、挑戦者としてやっていきたいです。

川上紗恵奈
(北都銀行)

準々決勝結果:佐藤冴香に1-2で敗戦

コロナの影響で大会がなかったので、コートに立てることを楽しみたい、思いきりやりたいという思いで試合に入りました。佐藤選手は同じ代表だった頃に一緒に練習させてもらったこともあり、本当に尊敬している選手。ただ、挑戦者で思いきり向かっていくというよりは、勝ちたい気持ちが大きくなって、勝ち急いだ部分がありました。

最終ゲームの序盤は、佐藤選手は疲れていたと思います。でも、そこで自分がペースを合わせてしまいました。その中で、迷いが出たり、終盤、相手がスピードを上げてきた時に、ついていくことができませんでした。

代表に戻りたい気持ちはもちろんあります。ただ、このような試合展開をしているうちは、日本を背負って戦うことはできないというか……見ている人に“やっぱり強い”と思われる人が日本代表だと思う。そういう部分では、まだまだと感じました。ただ、1試合を通して自分のいい所を出せる割合が増えてきているのは、成長かなと思います。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2020/12/25

人気記事ランキング