【全日本総合2020】「兄弟対決は忘れて、一対戦相手としてやった」(常山)24日/選手コメント−1

12月24日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)3日目は5種目の2回戦が行なわれた。ここでは、男子シングルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

常山幹太
(トナミ運輸/写真左)

結果:常山明良(三菱自動車京都)に2-0で勝利

兄弟対決でしたが、兄弟ということは忘れて、一対戦相手としてやるべきことをやったので、いい結果につながったと思います。しっかりラリーをしながら、こっちが仕掛けていって、相手のミスもあって勝てました。

今回は3回目の対戦。僕はやりづらくないですけど、たぶん向こうのほうがやりづらかったと思います。2人の性格はどっちかというと似ているほう。プレーもねばるところは一緒なんですけど、向こうには器用さがなくて、僕はけっこう器用なほうなので、そこが違うかな。兄貴とは高校まで所属が一緒。高校の頃も兄貴はバドミントンがうまくないほうだったけど(笑)、それでも努力していましたし、不器用なりに頑張っていたので、そういうところを見習わないといけないと思っていました。

来年は東京オリンピックがあって、代表争いの実質1番は決定している。今大会は2番手争いのなかで2番手として見られるような結果を出したいですし、今までやってきたことをしっかり出して、いいプレーをできるようにしたいです。

常山明良
(三菱自動車京都)

2回戦結果:常山幹太(トナミ運輸)に0-2で敗退

昨日の対戦相手と比べて、球回しだったり、球の質がよくて、こちらがねばっても、最後に決められてしまった。あまりラリーになっていなかったです。前回対戦した時は、もう少し点数も取れたんですけど、ナショナル代表に入って、世界の強い人と戦ってきて、その頃よりも強くなっています。

僕がついていけなくて、こっちが構えていても、フェイントでひっかけられました。レベルの差を感じたので、今度やるときには、今回よりもしっかりついていけるように頑張ります。

下農走
(トナミ運輸)

2回戦結果:奈良岡功大(IMG)に2-1で勝利

ここ1年試合がなく、ずっとトレーニングを積んできて、その成果が出たと思います。去年、2回戦で(奈良岡に)負けてしまって、この日のために準備して、自分のダメなところを克服して、いいところを伸ばして…。それが結果につながったのでよかったです。

奈良岡選手との対戦は、もちろん意識もしていました。まずは1回戦が一番大事ですが、次に奈良岡選手と当たるのはわかっていたので。半年前にランキングが出て、なんとなく当たるのはわかっていたので、しっかり自分の中で準備してやってこれたと思います。

3回戦で対戦する桃田選手とは、6年前、自分が高校3年の全日本総合の1回戦で対戦した記憶があります。どうプレーするかまだ考えていないんですけど、自分から攻めていって、まずはプレッシャーをかけていければ。世界ランキング1位なので、食らいついていきたいです。相手も人間なので(笑)、プレッシャーをかけてミスを誘ったり、これから戦略を立てて、準備したいなと思います。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2020/12/24
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング