【全日本総合2020】「新しいホキコバを楽しみにしていてください!」(保木)22日/選手コメント-7

12月22日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)初日は、男子ダブルス、女子ダブルスの2種目が実施された。ここでは、男子ダブルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

【選手コメント】 

保木卓朗(左)/小林優吾
(トナミ運輸)

1回戦結果:中山裕貴/緑川大輝(敬和学園大/早稲田大)に2-0で勝利

保木 全英OP以来の公式戦。朝から緊張していたのですが、アップをして、試合に入ったら、やはり感覚のようなものが残っていて、そこから自分たちのプレーができました。久しぶりにしては、デキはよかったかなと思います。

自分たちはムラがあるところが課題だったので、この1年は相手コートに確実に入れることなどを意識して取り組んできました。総合が開催されると聞いてからは、ソノカムペアを相手に本番を想定した練習をやってこれたことがよかったかなと思います。今回は久々の大会なので、まずは一つずつ、ケガなく、自分たちのベストパフォーマンスを出せればいい結果が出ると思うので、そういう意識でやりたいです。

自分は2月、小林は5月に結婚しました。お互いに家庭を持ったことで責任感が出てきたと思います。それがバドミントンにも生きれば、もっともっと頑張れると思うので、新しいホキコバを楽しみにしていてください!

小林 昨年はケガの影響でこの大会をキケンしてしまったこともあって、念願の総合です。楽しむという気持ちで、のびのびプレーできました。予想よりも体が動いていたので、手応えとしてはよかったと思います。

自分はレシーブのバリエーションが少ないことが課題だったので、この1年は自分なりに考えてレシーブ練習をしてきました。今大会、その成果を出せれば自信につながると思うので、後ろの攻撃も含めて自分のやることに集中したいです。

金子真大/久保田友之祐
(トナミ運輸)

1回戦結果:塚本好喜/野村拓海(日立情報通信エンジニアリング)に2-0で勝利

久保田 約1年ぶりの大会だったので、最初はどういう感じになるのかわからなかったです。実際に会場に入ると、緊張よりも独特な雰囲気にちょっと動揺したかなと思います。試合は、相手がドライブ系で押してくると思っていたので、最初からそこにはまらず、自分たちのいいプレーが出せたのがよかったと思います。(2回戦に向けて)ここまできたら、自分たちの力を出すだけ。自分たちのいいところを出しまくって、勝ちたいと思います。

金子 初めての無観客は独特の感じでしたが、久々の試合で緊張する中でもやってきたことをしっかり出せたと思います。勝てて何よりです。(第2ゲーム後半は接戦から抜け出したが?)サービスまわりがあまりよくなくて、自分からミスをしてリズムがつかめなかった。でも、終盤の15オールからは、自分が前で球をさわろうと思いきって入ったので、それができたことで、サービスも入るようになり、リズムがよくなりました。

(2回戦は金子/川本)相手は強いと思うけど、自分たちは向かっていくだけ。いいプレーをして、それが結果につながればいいなと思います。勝てば(チームの)先輩の園田/嘉村ペアと対戦できるので、そこまで勝ち上がって、A代表の2人を食っていけるように頑張ります。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/22

人気記事ランキング