【全日本総合2020】各種目の組み合わせが発表! 注目カードは!?<男女シングルス編>

11月16日、日本バドミントン協会は12月22日から27日まで開催する全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)の組み合わせを発表した。今年は新型コロナウイルスの影響で、国内の全国大会がほとんど中止となり、この全日本総合が今年最初で最後の公式大会となる。ここでは、男子・女子シングルスの組み合わせを紹介しよう(対戦カードの丸数字はシード)。

【男子シングルス】

昨年は桃田賢斗が総合2連覇を達成
準優勝は西本拳太。6月にトナミ運輸を離れており、総合は自身の成長を試す場となる

【組み合わせ】

①桃田賢斗(NTT東日本) − 森口航士朗(埼玉栄高)

藤原圭祐(法政大) − 秦野陸(トナミ運輸)

下農走(トナミ運輸) − 山口容正(Shuttle & Sons)

奈良岡功大(IMG) − 武井凜生(ふたば未来学園高)

 

坂井一将(金沢学院クラブ) − 渡部大(JR北海道)

田中湧士(日本大) − 野田統馬(日本大育大)

嶺岸洸(法政大) − 小野寺達彦(淑徳巣鴨中・高教職員)

④五十嵐優(日本ユニシス) − 小本大佑(NTT東日本)

 

③西本拳太(岐阜県協会) – 山澤直貴(法政大)

猪熊心太朗(日立情報通信E) − 小本翔太(日立情報通信E)

大林拓真(早稲田大) − 黒田匠馬(大垣東高教職員)

古賀穂(NTT東日本) − 内野陽太(埼玉栄高)

 

渡邉航貴(日本ユニシス) − 牧野桂大(日立情報通信E)

緑川大輝(早稲田大) − 小野寺裕介(日本ユニシス)

常山明良(三菱自動車京都) − 川本拓真(日本ユニシス)

②常山幹太(トナミ運輸) − 花田彬(八代東高)

【注目カード】

第1シードには総合2連覇中の桃田賢斗(NTT東日本)、第2シードには常山幹太(トナミ運輸)が入った。第3シードは、昨年の総合準優勝の西本拳太(岐阜県協会)、第4シードはB代表の五十嵐優(日本ユニシス)となっている。

B代表の下農走(トナミ運輸)と奈良岡功大(IMG)は、大本命の桃田がいる山に入った。下農と奈良岡は、ともに1回戦を勝ち上がれば2回戦で激突。勝った方が、準々決勝で王者・桃田と勝負することになりそうだ。

そのほか、西本がいる第3シードの山にはB代表の古賀穂(NTT東日本)と大林拓真(早稲田大)。 代表でも切磋琢磨する大学の先輩後輩の2人は、順当に1回戦を勝てば2回戦で当たることに。ここでの勝てばA代表・西本との勝負が待っている。また、第2シード・常山の山には、兄・明良(三菱自動車京都)の名前も入った。どちらも1回戦を勝てば、2回戦で兄弟対決が実現。ファンにとっては、楽しみな対戦となりそうだ。

4月から大学生となった奈良岡功大。ライバルを下して王者・桃田への挑戦権を手にすることができるか!?

【女子シングルス】

前回は4年ぶり3回目の総合制覇を遂げた奥原希望。デンマークOP優勝の勢いを総合にぶつける
昨年決勝戦まで勝ち進んだ大堀彩。今回は初の日本一獲得なるか!?

【組み合わせ】

①山口茜(再春館製薬所) − 上杉杏(明治大)

池内萌絵(七十七銀行) − 郡司莉子(八代白百合学園高)

鈴木温子(Belltree) − 濱北もも(広島ガス)

水井ひらり(NTT東日本) − 佐川智香(筑波大)

 

髙橋明日香(ヨネックス) − 宮﨑淳美(法政大)

内山智尋(再春館製薬所)− 大家夏稀(NTT東日本)

下田菜都美(広島ガス) − 海老原詩織(日本ユニシス)

④大堀彩(トナミ運輸) − 香山未帆(筑波大)

 

③髙橋沙也加(日本ユニシス) − 中静朱里(ふたば未来学園高)

林樂(ACT SAIKYO) − 佐藤冴香(ヨネックス)

漆﨑真子(山陰合同銀行) − 野村このみ(琴丘高教職員)

川上紗恵奈(北都銀行) − 十河茉由(昭和電工マテリアルズ)

 

齋藤栞(ACT SAIKYO) − 明地七海(北都銀行)

仲井由希乃(再春館製薬所) − 仁平菜月(トナミ運輸)

髙橋美優(青森山田) − 内田美羽(青森山田)

②奥原希望(太陽ホールディングス) − 杉野文保(七十七銀行)

【注目カード】

日本ランキング1位の山口茜(再春館製薬所)が、混戦の女子シングルスの第1シードに入った。第2シードは10月のデンマークOP(Super750)を優勝した奥原希望(太陽ホールディングス)、第3シードは髙橋沙也加(日本ユニシス)、第4シードは大堀彩(トナミ運輸)と、A代表4人が順当にシードを手にしている。

激戦区となったのは、第4シード・大堀がいる山だろう。ここにはB代表の髙橋明日香(ヨネックス)と大家夏稀(NTT東日本)の2人に加え、2019年全日本社会人優勝の下田菜都美(広島ガス)、同インカレ王者・香山未帆(筑波大)が入った。大堀は初戦で香山と対戦。勝てば下田VS海老原詩織(日本ユニシス)の勝者と勝負することになる。また、髙橋明と大家はともに1回戦を勝てば2回戦で激突する。

10月のPremiumサーキット準優勝の髙橋明日香。初戦では大学生と対戦
今季初めてB代表に選出された大家夏稀。順当に勝てば髙橋戦が山場に

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2020/11/17

人気記事ランキング