【デンマークOP2020】BWFワールドツアーが再開!西本拳太は初戦を突破!<初日結果>

10月13日にBWFワールドツアー・デンマークOP(オーデンセ/Super750)が開幕した。今年3月の全英OP(バーミンガム/S1000)以来、約7カ月ぶりのツアー上位大会。世界中のバドミントンファンが待ち望んだツアー大会に、日本代表からは男子シングルスの西本拳太、女子シングルスの奥原希望、女子ダブルスの松本麻佑/永原和可那、福島由紀/廣田彩花の6名が参戦。大会初日は、西本が登場した。

日本から唯一男子種目に出場した西本は、世界ランキング47位のミシャ・ジルベルマン(イスラエル)と対戦。第1ゲーム21-9で圧倒した西本は、第2ゲームもまったく相手を寄せ付けずに21−10で勝利。久々の国際大会できっちり白星を手にし、2回戦にコマを進めた。西本は次戦、フランスのブリース・レベルデスと対戦する。

このほか、大会初日は2016年リオ五輪女子シングルス金メダリストのキャロリーナ・マリーン(スペイン)が登場。ロシア選手を2-0で退け2回戦に進出した。「(試合が)ようやく戻ってきたことはとてもうれしい。試合にも勝つことができてうれしいけど、私の調子がよくなかったので内容はベストじゃなかった。(試合がない)明日はしっかりトレーニングをして、(2回戦がある)木曜日の準備をします」とマリーン。試合内容に満足はいかなかったが、久々の試合を楽しみながら戦ったことも明かした。

1回戦を突破したキャロリーナ・マリーン

シード選手では、男子ダブルスのラングリッジ/エリス(イングランド)などが初戦を突破。なお、日本の奥原、松本/永原、福島/廣田らは、大会2日目以降に登場する予定。

大会初日の日本選手の結果は以下の通り。

【男子シングルス】

▼1回戦(10月13日)

西本拳太②〔21−9、21−10〕0●ミシャ・ジルベルマン(イスラエル)32分

▼2回戦

西本拳太 − ブリース・レベルデス(フランス)

【女子シングルス】

▼1回戦

奥原希望 – カースティ・ギルモア(スコットランド)

【女子ダブルス】

▼2回戦

福島由紀/廣田彩花 – ハートリッチ/エフラー(ドイツ)

松本麻佑/永原和可那 – アンソニーセン/グラベルセン(デンマーク)

文/バドミントン・マガジン編集部

コメント/BWF(世界バドミントン連盟)

写真/Getty Images

※世界ランキングは3月17日付のもの


投稿日:2020/10/13

人気記事ランキング