【選手情報】「チーム練習の中で自分を見つめ直している(桃田)」<オンライン記者会見-1>

6月26日(金)、男子シングルス日本代表の桃田賢斗(NTT東日本)が、オンライン記者会見を行なった。約3カ月半ぶりの会見では、新型コロナウイルス感染拡大によって延期となった東京オリンピックについての感想、現在の練習状況、また眼窩底骨折の手術後の状態などについて語っている。

///バドミントンの考え方が少しずつ変わっている

――3月下旬に東京オリンピックの延期が発表。延期を聞いた時の率直な感想は?

桃田 オリンピックの日程は変わらないと思っていました。だから、そこに向けて一日一日、少しでも早く元の状態に戻れるように頑張っていたところで(延期の)ニュースを聞いたので、正直、動揺した部分はありました。でも、周りの方たちが変わらずに自分の体を心配し、サポートしてくれていたので、(自分の)取り組む姿勢は変わることなく、今も頑張ることができています。

――バドミントンの捉え方について変わった部分はあるか。

桃田 プレーの面では、大会や試合が続くと自分の弱点や課題に取り組む時間がどうしても少なくなっていました。だから、今は(課題克服の)練習メニューを取り入れて、少しでも自分の短所を消すような練習をするようにしています。

――試合から長い期間離れたことは、桃田選手の今後にどんな意味を持つと思うか。

桃田 試合がなくなる前はずっと海外に出ていたので、チーム(NTT東日本)のみんなと話す時間が少なかったです。でも、今の期間はチームで練習ができているし、すごく充実した毎日を過ごせていると感じます。こういう経験はないと思うので、先が見えない中でも、自分の取り組む姿勢を変えずにやっていくことが、今後につながっていくと思います。

――アスリートにとって制限される生活は大変。どう乗り越えていきたいか。

桃田 昨年は、1年間ずっと試合をしていましたが、今はチーム練習の中で改めて自分を見つめ直すというか、考え方やバドミントンの捉え方が少しずつ変わっている。“自分はこういうプレーをしている”というのが明確にわかり、課題も見えているので、そういう面ではポジティブに取り組めているのかなと思います。

――来年の東京オリンピックについて、運営の簡素化や観客の制限などの議論が浮上している。選手の立場では、どういうオリンピックになってほしいか。

桃田 今はネガティブなニュースが多くなっているが、プレーする側としてはスポーツの力であったり、自分がコートの中で表現することによって、周りの方に元気や勇気というのを与えられたらいいのなかと思います。

――桃田選手の今のモチベーションは何か。1年後のオリンピックなのか、それとも他に何かあるか。

桃田 大会が再開されるかわからない状況でも、毎日たくさんの方から応援してもらっている。試合ができる時期はくると思うので、その時に、そういう方々への恩返しができるように、“ムダな時間を過ごさない”というのが今のモチベーションかなと思います。<その2に続く

3月6日の記者会見の様子はこちら

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真提供/NTT東日本


投稿日:2020/06/26
■関連キーワード

               

人気記事ランキング