【バドマガ情報】500号記念「表紙フラッシュバック」後半戦! 日本の強さの原点を探ろう――7月号のココに注目!<2>

6月22日発売のバドミントン・マガジン7月号は、記念すべき500号! 記念企画として、さまざまな企画を誌面で展開しています。

プレ500号として6月号からスタートした『表紙FLASH BACK』は後半戦。251号から499号までを振り返り、編集部が独断と偏見で選んだ印象的なカバー(表紙)を、当時の誌面の内容とともに紹介しています。

皆さんの記憶に残る、バドミントン界のあんな出来事、こんな出来事も、きっと懐かしく思い出すことでしょう!

また、過去にトッププレーヤーとして活躍し、バドマガにも大いに貢献してくださった方に、6月号に引き続きインタビュー! 今だからこそ語れる裏話や、現役時代のベストシーン、バドマガにまつわる思い出を語ってもらっています。

1998年アジア大会で金メダルを獲得するなど1990年代後半から2000年代、女子シングルスのエースとして活躍した米倉加奈子さんが、「一日で天国と地獄を味わった」と語った大会とは――。

2007年世界選手権で銅メダルを獲得、男子ダブルスで世界への道を切り拓いた池田信太郎さんが、「バドミントンでもアスリートの価値を上げたい」と思うようになったのは、なぜか――。

現在、世界でも輝かしい成績を収めるようになった日本代表選手たちの原点が、そこにはありました! ぜひ、じっくり読んでいただきたい特集です。

バドミントン・マガジン7月号

Amazon

楽天BOOKS

スポーツクリック

定期購読定期割

ベースボール・マガジン社 販売部
(0120‐911‐410)

文/バドミントン・マガジン編集部

 


投稿日:2020/06/23
■関連キーワード

            

人気記事ランキング