【全英OP2020】「決勝戦をあまり意識し過ぎず、自分たちの力を100パーセントを出したい(福島)」<準決勝:コメント-3>

3月14日に開催されたBWFワールドツアー・ヨネックス全英OP(バーミンガム/Super1000)4日目は、各種目の準決勝が行なわれた。ここでは、試合を終えた選手らのコメントを紹介しよう。

記事・コメントの一覧はこちら

東京五輪前最後のビッグタイトル
全英オープン2020 CSテレ朝チャンネル2で
1回戦から決勝まで連日放送!!

バナーをクリックすると放送予定が確認できます!

福島由紀(左)/廣田彩花
準決勝:髙橋礼華/松友美佐紀に21-12、21-12で勝利!決勝に進出!

福島 最近の対戦では負けていたので、リベンジする気持ちで臨みました。今日は、シャトルが飛んだり飛ばなかったりしたので、攻めていこうと話して、攻めることができたのがよかったと思います。(明日に向けて)一つの試合だと思って、決勝戦であることはあまり意識し過ぎずに、自分たちの力を100パーセントを出したいです。練習してきたことが出せているので、明日も出したいです。相手は、勢いのあるペア(李茵暉/杜玥・中国)ですが、しっかり跳ねのけて、明日の一戦を2人で頑張りたいと思います。

廣田 今日に関しては、自分たちの速いローテーションがスムーズにできました。所々ではミスがあって、崩れそうなところもありましたが、2人で声をかけ合いながらプレーできたのがよかったと思います。今日は、風もあったので、相手も低く低くの展開をしてきたので、こちらも準備を早くして、ぐるぐると回っていた方が自分たちのリズムになるので、そういうことを意識してやっていました。

取材/平野貴也

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2020/03/15

人気記事ランキング