【アジア団体2020】日本女子は3−2でマレーシアに勝利!準々決勝でインドネシアと激突!<3日目結果>

2月13日に開催されたアジア団体選手権(フィリピン・マニラ)は大会3日目が行なわれ、日本は第1シードの女子が予選リーグ・グループWでマレーシアと対戦した。

大会2日目の結果はこちら

前日に行なわれた日本男子は、タイに1−4で敗戦。日本として悪い流れを断ち切りたい女子だったが、マレーシアに苦戦する。第1シングルスに登場した山口茜は、世界ランク31位のソニア・チアにファイナルゲーム18本で黒星。第1ダブルスの福島由紀/廣田彩花、そして第2シングルスの髙橋沙也加が2−0のストレートで白星を奪い返し、日本は2−1と逆転に成功した。

勝てば日本の勝利が決まる第2ダブルスは、今季A代表として団体戦初選出された志田千陽/松山奈未が登場。世界ランクで下位ペアに対し、第1ゲームを志田/松山が制したものの、第2ゲームは18-21で取られファイナルゲームに突入した。その最終ゲームは、5−7とリードを許した日本ペアだったが、ここから8連続ポイント。後半、相手の追い上げを振り切った志田/松山が、21-16で勝利をつかんだ。

これにより、3つ目の白星を手にした日本の勝利を確定。しかし、最後の第3シングルス・大堀彩は0−2で苦杯を喫したため、最終結果は日本の3−2での勝利となった。連覇をねらう日本女子は完勝とはならなかったが、1位通過での決勝トーナメント・準々決勝進出が決まった。

リーグ戦後、決勝トーナメントの組み合わせが決定。日本女子はグループY2位のインドネシアと準々決勝で激突。2位通過だった男子は、グループC1位の台湾との勝負が決まった。

日本の結果、各リーグの結果、準々決勝の組み合わせは以下の通り

【女子】

▼グループW

日本(1勝)3−2 マレーシア(1敗)

WS1山口茜●1〔16−21、21−13、18−21〕②ソニア・チア127分

WD1福島由紀/廣田彩花②〔21−11、21−15〕0●チョウMK/リーMY35分

WS2髙橋沙也加②〔21−18、21−12〕0●ゴー・ジンウェイ35分

WD2志田千陽/松山奈未②〔21−15、18−21、21−16〕1●タンPKL/ムラリタラン58分

WS3大堀彩●0〔14−21、13−21〕②キソナ・サルバドライ35分

■準々決勝・組み合わせ

【男子】

インドネシア(A組1位) ― フィリピン(C組2位)

タイ(D組1位) ― インド(B組2位)

マレーシア(B組1位) ― 韓国(A組2位)

台湾(C組1位) ― 日本(D組2位)

【女子】

日本(W組1位) ― インドネシア(Y組2位)

台湾(Z組1位) ― マレーシア(W組2位)

タイ(Y組1位)― カザフスタン(X組2位)

韓国(X組1位) ― シンガポール(Z組2位)

■リーグ戦結果

【男子】

▼グループA

インドネシア(1勝)4−1 韓国(1敗)

順位:①インドネシア②韓国

▼グループB

インド(1勝)4−1 カザフスタン(1敗)

マレーシア(1勝)5−0 カザフスタン(2敗)

マレーシア(2勝)4―1 インド(1勝1敗)

順位:①マレーシア②インド③カザフスタン

▼グループC

台湾(1勝)5−0 フィリピン(1敗)

フィリピン(1勝1敗)3−2 シンガポール(1敗)

台湾(2勝)4−1 シンガポール(2敗)

順位:①台湾②フィリピン③シンガポール

▼グループD

タイ(1勝)4−1 日本(1敗)

順位:①タイ②日本

【女子】

▼グループW

日本(1勝)3−2マレーシア(1敗)

順位:①日本②マレーシア

▼グループX

韓国(1勝)5−0カザフスタン(1敗)

順位:①韓国②カザフスタン

▼グループY

タイ(1勝)5−0フィリピン(1敗)

インドネシア(1勝)5−0フィリピン(2敗)

タイ(2勝)3−2インドネシア(1勝1敗)

順位:①タイ②インドネシア③フィリピン

▼グループZ

台湾(1勝)3−2シンガポール(1敗)

順位:①台湾②シンガポール

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2020/02/13
■関連キーワード

            

人気記事ランキング