【アジア団体2020】日本男子はタイ、女子はマレーシアとリーグ戦で激突!

2月11日に開幕するアジア団体選手権(フィリピン・マニラ)は、開催国のフィリピン政府が、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、中国、香港などからの入国を禁止する措置をとった影響により、今大会参戦予定だった中国と香港が欠場。男子はこの2カ国が同じグループリーグだったことから組み合わせの再抽選を行ない、日本はタイとの対戦が決定した(最初は韓国、カザフスタンと同組)。なお、女子は出場辞退のインドを含めた3カ国が欠場。その3カ国は最初の抽選で各リーグに分かれていたため、再抽選は行なわれていない。

【男子】

▼グループA/インドネシア、韓国

▼グループB/インド、マレーシア、カザフスタン

▼グループC/台湾、シンガポール、フィリピン

▼グループD/日本、タイ

※日本男子は12日にタイと対戦

【女子】

▼グループW/日本、マレーシア

▼グループX/韓国、カザフスタン

▼グループY/タイ、インドネシア、フィリピン

▼グループZ/台湾、シンガポール

※日本女子は13日にマレーシアと対戦

第2シードの日本男子は前回と同じグループDとなり、タイと同組になった。グループDは2チームのみため、決勝トーナメント進出はほぼ確定。12日にタイと対戦し、勝てば1位通過で決勝トーナメントに進むことになる。

今大会第1シードの女子は、グループWでマレーシアと対戦。試合は13日に行なわれる。女子は同組に入っていた香港が欠場となったため、日本とマレーシアの2チームでリーグ戦を戦うことになった。

アジア団体選手権は、5月16日〜24日までデンマーク・オーフスで開催される世界国・地域別団体戦トマス杯・ユーバー杯の出場権を手にすることができる大会。試合は男女ともにシングルス3、ダブルス2の合計5試合の結果で勝敗が決まる。4つあるグループリーグの上位2チームが決勝トーナメントに進出し、上位4チームにはト杯ユ杯の出場資格が与えられる。

■日本代表の派遣選手

【日本男子】

西本拳太(トナミ運輸)

常山幹太(トナミ運輸)

渡邉航貴(日本ユニシス)

奈良岡功大(浪岡高3年)

遠藤大由(日本ユニシス)

保木卓朗/小林優吾(トナミ運輸)

古賀輝/齋藤太一(NTT東日本)

【女子】

山口茜(再春館製薬所)

大堀彩(トナミ運輸)

髙橋沙也加(日本ユニシス)

郡司莉子(八代白百合学園高2年)

松本麻佑/永原和可那(北都銀行)

福島由紀/廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)

志田千陽/松山奈未(再春館製薬所)

18年大会の結果はこちら

16年大会の決勝結果はこちら

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2020/02/10

人気記事ランキング