【タイマスターズ2020】山口茜と西本拳太が決勝に進出!<準決勝結果>

1月26日に開催されたBWFワールドツアー・タイマスターズ(バンコク/Super300)は、大会5日目に各種目準決勝が行なわれた。

ベスト4に勝ち残った日本勢は、男子シングルスの西本拳太と女子シングルスの山口茜、大堀彩の日本A代表3名。男子シングルスの西本は、タイのホープで昨年の世界ジュニア優勝のクンラビット・ビティサランと対戦。第1ゲームこそ21-18と接戦だった西本だが、第2ゲームは21-13で制して決勝進出を決めた。

女子シングルスはインドネシアマスターズ(S500)準優勝のキャロリーナ・マリーン(スペイン)と山口が対戦。第1ゲームを奪われた山口だったが、第2ゲームは23-21でなんとか取り切ると、最終ゲームも21-18に封じて勝利。決勝へとコマを進めた。

大堀は、韓国期待のホープ、アン・セヨンと対戦するも、第1ゲームを17本で失うと、第2ゲームも14本で押し切られて敗戦。山口との同国決勝とはならなかった。

準決勝の結果、日本選手の結果は以下の通り。

【男子シングルス】

▼準決勝

西本拳太②〔21−18、21−13〕0●クンラビット・ビティサラン(タイ)47分

伍家朗(香港)②〔21−18、21−19〕0●石宇奇(中国)37分

【女子シングルス】

▼準決勝

アン・セヨン(韓国)②〔21−17、21−14〕0●大堀彩42分

山口茜②〔14−21、23−21、21−18〕1●キャロリーナ・マリーン(スペイン)78分

【男子ダブルス】

▼準決勝

劉成/黄凱祥(中国)②〔21−15、21−11〕0●ゴーSH/ライSJ(マレーシア)43分

テオEY/オンYS(マレーシア)②〔21−17、21−14〕0●李哲輝/楊博軒(台湾)25分

【女子ダブルス】

▼準決勝

陳清晨/賈一凡(中国)②〔21−13、19−21、21−16〕1●金昭英/孔熙容(韓国)75分

鄭景銀/ベク(韓国)②〔21−16、21−19〕0●張藝娜/金慧麟(韓国)55分

【混合ダブルス】

▼準決勝

ファイザル/ウィジャヤ(インドネシア)②〔21−19、21−23、21−17〕1●タンKM/ライPJ(マレーシア)70分

エリス/スミス(イングランド)②〔19−21、21−19、24−22〕1●ゴーSH/ライSJ(マレーシア)74分

▼日本選手の成績

【男子シングルス】

常山幹太…2回戦進出

渡邉航貴…2回戦進出

奈良岡功大…1回戦敗退

【女子シングルス】

髙橋沙也加…ベスト8

【男子ダブルス】

古賀輝/齋藤太一…ベスト8

保木卓朗/小林優吾…ベスト8

竹内義憲/松居圭一郎…2回戦進出

岡村洋輝/小野寺雅之…1回戦敗退

金子真大/久保田友之祐…1回戦敗退

【女子ダブルス】

志田千陽/松山奈未…2回戦進出

星千智/松田蒼…1回戦敗退

【混合ダブルス】

山下恭平/篠谷菜留…2回戦進出

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2020/01/26
■関連キーワード

人気記事ランキング