【全国小学生】阿波芽衣咲、梅澤&吉野が初の全国タイトルをつかむ!<女子個人4年生以下>

小学生の日本一を決める『全国小学生選手権』。第28回を迎えた今年は徳島県(鳴門・大塚スポーツパーク内アミノバリューホール、ソイジョイ武道館)で開催された。大会4日目の25日は、個人戦の4・5・6年生以下男女シングルス・ダブルスの準々決勝から決勝を実施。ここでは、4年生以下の女子シングルス・ダブルスの優勝者コメントと上位結果を紹介する。

【4年生以下・女子シングルス】

★Vコメント

阿波芽衣咲(岡垣ジュニア・福岡)

「初出場で優勝できてうれしいです。少し緊張したけど、思いきってプレーできました。リードされても気持ちが崩れなかったし、相手のいないところをしっかりねらえたと思います。あこがれの選手は奥原選手です! 将来は奥原選手みたいになりたいです」

■結果(25日)

▼準々決勝

芳賀凜歩(石巻ジュニア・宮城) 2-0 長谷川翼咲(広幡バドキッズ・静岡)
小林佳依(佐用BJC・兵庫) 2-0 上野優寿(立川バドスポ少・山形)
渡邉柚乃(PEACE・岡山) 2-1 原口倖歩(鹿児島飛翔・鹿児島)
阿波芽衣咲(岡垣ジュニア・福岡) 2-0 皆川恵茉(小平ジュニア・東京)

▼準決勝

芳賀凜歩 2-0 小林佳依
阿波芽衣咲 2-0 渡邉柚乃

▼決勝

阿波芽衣咲②〔21-13、21-12〕0●芳賀凜歩

【4年生以下・女子ダブルス】

★Vコメント

梅澤唯花(左)/吉野羽都希(練馬アドバンス・東京)

梅澤「決勝は、途中から相手が強くなったけど、2人で頑張りました。最後まであきらめなかったし、追い込まれたときに、はづきちゃんがたくさん声をかけてくれたから心強かったです」

吉野「2ゲーム目は焦っちゃって『勝てるかなー?』って思ったけど、優勝できてすごくうれしいです。ゆいかちゃんがたくさん声をかけてくれて支えてくれたし、上を見るとみんなが笑顔で、頑張ろうって思いました」

■結果(25日)

▼準々決勝

古田紗也/内山蘭(下松ジュニア・山口) 2-0 野元あい/白田絢音(大明丘少年団・鹿児島)
中村羽奈/青山ひかり(ハルトノ・茨城) 2-1 浪松美緒/石田向日葵(防府ジュニア・山口)
渡邉杏梨/薗田優奈(青梅ジュニア・東京) 2-0 笠井聖來/藤本香穂(志度ジュニア・香川)
梅澤唯花/吉野羽都希(練馬アドバンス・東京) 2-0 豊嶋彩衣心/伊藤澪来(近文第二少年団・北北海道)

▼準決勝

中村羽奈/青山ひかり 2-0 古田紗也/内山蘭
梅澤唯花/吉野羽都希 2-0 渡邉杏梨/薗田優奈

▼決勝

梅澤唯花/吉野羽都希②〔21-14、13-21、21-18〕1●中村羽奈/青山ひかり

★全国小学生選手権の熱戦の模様は、1月22日(水)発売予定の『バドミントン・マガジン』2月号でも紹介します! ぜひチェックしてください!

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部
写真/菅原 淳


投稿日:2019/12/26
■関連キーワード

         

人気記事ランキング