【全国小学生】澤田修志が3連覇! ダブルスは安田&前田がリベンジV<男子個人6年生以下>

小学生の日本一を決める『全国小学生選手権』。第28回を迎えた今年は徳島県(鳴門・大塚スポーツパーク内アミノバリューホール、ソイジョイ武道館)で開催された。大会4日目の25日は、個人戦の4・5・6年生以下男女シングルス・ダブルスの準々決勝から決勝を実施。ここでは、6年生以下の男子シングルス・ダブルスの優勝者コメントと上位結果を紹介する。

【6年生以下・男子シングルス】

★Vコメント

澤田修志(帯広ジュニア・北北海道)

「全小は本当に取りたかったので、優勝できて本当にうれしいです。去年はプレッシャーを感じすぎて自分のプレーができなかったけど、今年はチャレンジャーの気持ちで向かっていけたのがよかったと思います。でも、まだフットワークが遅い部分があるので、そこを速くしたい。体力もまだ足りないので、走り込みをして体力をつけていきたいです」

■結果(25日)

▼準々決勝

澤田修志(帯広ジュニア・北北海道) 2-0 髙野日向(出水南ジュニア・熊本)
長束翔太(大里東ジュニア・愛知) 2-0 川野寿真(岡垣ジュニア・福岡)
吉次和義(多久スポーツピア・佐賀) 2-0 石井叶夢(春日部白翔・埼玉)
木根知哉(長岡京市スポ少・京都) 2-0 芳賀彪汰(石巻ジュニア・宮城)

▼準決勝

澤田修志 2-0 長束翔太
木根知哉 2-0 吉次和義

▼決勝

澤田修志②〔21-18、21-8〕0●木根知哉

【6年生以下・男子ダブルス】

★Vコメント

安田翔(左)&前田寬仁(MBS・香川)

安田「去年は3位で悔しい気持ちでいっぱいだったけど、そのときに負けた相手に決勝でリベンジできてとてもうれしいです。前田くんが前に出て、僕が後ろに行ってスマッシュを打つ2人の形がつくれて点数を取れたのがよかったと思います」

前田「去年準優勝で負けた相手にリベンジできたのでよかったです。自分が前衛なので、しっかり前で捕まえることを心がけていました。中学校でも全国大会で優勝できるように頑張りたいです」

■結果(25日)


▼準々決勝

根本舜生/岡部翔(綾瀬ジュニアBC・神奈川) 2-1 引野一真/川上翔大(星野B.J.S・島根)
宮﨑直也/安達琉偉(おぐにジュニア・熊本) 2-0 中村励心/松尾尚樹(岡垣ジュニア・福岡)
安田翔/前田寬仁(MBS・香川) 2-0 渡邉悠生/末村豪羽(滝川フルールJR・北北海道)
祇園田隼人/中原秀駿(北部ジュニア・熊本) 2-1 深尾優太/佐藤策太(宝木塚ジュニア・東京)

▼準決勝

根本舜生/岡部翔 2-1 宮﨑直也/安達琉偉
安田翔/前田寬仁 2-1 祇園田隼人/中原秀駿

▼決勝

安田翔/前田寬仁②〔21-18、21-16〕0●根本舜生/岡部翔

★全国小学生選手権の熱戦の模様は、1月22日(水)発売予定の『バドミントン・マガジン』2月号でも紹介します! ぜひチェックしてください!

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳

投稿日:2019/12/25
■関連キーワード

            

人気記事ランキング